【立ち食いそば】成田「米分庵」信州のそばを使用!京成成田駅の隣にある立ち食い店。

米分庵」は京成成田駅の隣にある立ち食いそば・うどん店です。

本場信州のそばを使用

場所は京成成田駅から徒歩30秒程度。駅の隣の赤丸の部分です。

入口上には緑の暖簾。ガラス戸にはメニューを書いた紙、また「本場信州のそば使用」という貼り紙が貼ってあります。

入口を入ってすぐ右手に自動券売機があり、ここで食券を購入して奥のカウンター中央部で店員さんに渡して注文するシステム。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が320円、「天ぷらそば・うどん」が420円。

カウンターとテーブルでキャパは18名程度

店内はまず厨房を囲むL字型カウンターがあり、イスは5席しかありませんが、イスがないスペースであと2人ぐらい立ち食いできそう。そして入口付近に4人掛けテーブル席。左壁際に短いカウンターがありイスが2席。右壁際が5人ぐらいが立ち食いできるカウンター。ということで合わせるとキャパは18名ぐらいでしょうか。思い切りピンボケですがこんな感じです。

この日入店したのは12時40分頃。先客はおらず、店員さんは1名体制でした。購入した食券を店員さんに渡して「そば」を指定。右壁際カウンターの入口寄りにスペースを確保し、出来上がりを待ちます。そして約2分後に呼ばれて受け取ってきたのがこちら。「きつねそば」(370円)。

上から。湯気が立ち上っています。なると入り。

さて、いただきます。まずはそば。「本場信州のそば」は冷凍そばですね。冷凍を嫌う人もいますが、適度なコシがあって私は好きです。次につゆ。持ち上げると陶器の丼がずっしり重いですね。結構熱いのでゆっくりと一口。カツオ出汁の風味が口の中に広がります。この日は寒かったことと、熱々のつゆのせいでメガネが曇りました。しょうがないので、はずして食べ進めることに。さて揚げはどうですかね。おっ、これは甘くないタイプで好みの味。なるとは一口でいただきます。そして最後はようやく冷めてきたつゆを飲み干して完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.4(まあまあ)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:千葉県成田市花崎町816
◎交通手段:京成「成田駅」から徒歩1分

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告