【立ち食いそば】朝霞台「小諸そば 朝霞台店」東上線とJRの乗り換え時に茹でたてのそばがサクッといただける。

小諸そば 朝霞台店」は、首都圏に展開する「小諸そば」のチェーン店の一つ。東武東上線とJRの乗り換えの際などに、茹でたてのそばがサクッといただけます。

埼玉県に2店舗ある「小諸そば」

東京23区を中心に78店舗を展開する小諸そば(2018年4月12日現在)。23区以外の店舗としては埼玉県に2店舗があるのですが、そのうちの一つがこのお店(もう一店は新越谷駅店)。場所は東武東上線「朝霞台駅」の改札を出て、JR武蔵野線「北朝霞駅」へ向かう階段を降りてすぐ右側。なお、左側の「北朝霞駅」には「めん処一ぷく 北朝霞店」があります。

「めん処一ぷく 北朝霞店 」はJR武蔵野線「北朝霞駅」と東武東上線「朝霞台駅」の乗換の際に手軽に食べたい時には便利な立ち食いそば店です。 ...

入口を入ってすぐ左手に自動券売機。ここで食券を購入し、入口すぐ右手にある注文カウンターで店員さんに渡してオーダーするシステムです。そのまま入口付近で出来上がりを待ち、呼ばれて出来上がりを受け取ったら食券機の先にある食事スペースへと進みます。

キャパは15名程度

食事スペースは入口から向かって左側。食券機の斜め前辺りに2人ぐらい立ち食いできるカウンターがあり、窓側にカウンター席が7席。

その後ろに2人用テーブル席が3卓があり、合わせるとキャパは15名程度。テーブルの上には「小諸そば」おなじみのゆず七味をはじめ、七味、わさび、小梅。さらには大きめの壺には取り放題のネギ。

白くつややかな“そば”

今回いただいたのはこちら。「もりそば」(260円)。

そばを上から。白くツヤツヤしていて美しい!

さて、いただきます。手前にある壺の木のフタを取り、小トングでネギをガバッとつかんでつゆに投入。続いて調味料が置かれているトレイからワサビが入った白の器を取り、木製の小さじで2盛り程度直接そばに。そしてそばを一つかみしてつゆにくぐらせ、ネギと共に口に運ぶと、辛めのつゆにそばとネギの香りが広がって、少し遅れてワサビがツンと来ます。そんな感じで食べ進め、途中、ゆず七味を一振りして少し味を変えてみたりしながら4分ちょいで完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:埼玉県朝霞市東弁財1-4-17 東武東上線 朝霞台駅構内
◎交通手段:東武東上線「朝霞台駅」から徒歩1分
◎営業時間:6:00~23:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告