【カップ麺】日清「カップヌードル シンガポール風ラクサ」エスニックシリーズの中でも人気が高い商品だが。

日清の「カップヌードル シンガポール風ラクサ」は、エスニックシリーズでも人気の高いカップ麺。果たしてどんな味なんでしょう。食べてみました。

「カップヌードル エスニックシリーズ」は、日清食品の海外現地法人の協力で開発した、エスニックテイストのカップヌードル。これまで何種類か発売されていますが、中でも一番ヒットしているのが2014年4月発売した「カップヌードル トムヤムクンヌードル」。販売累計は7500万食を突破したとのこと。このブログでは過去に以下の商品をご紹介しています。

今回は日清の「カップヌードル トムヤムクンヌードル」をいただきました。 トムヤムクンとは? タイ料理を代表するスープ。「トム」は...
今回は「カップヌードル ミーゴレン」をご紹介します。 カップヌードル エスニックシリーズに新ラインナップが登場 この商品は日...
日清「カップヌードル シンガポールチリクラブ」は、シンガポールの人気名物料理「チリクラブ」をカップヌードル流にアレンジしたカップ麺です。 ...

今回いただいた「カップヌードル シンガポール風ラクサ」は、従来の商品のメイン具材であるパクチーを見直し、2018年4月2日にリニューアル発売されたもの。フレッシュな香りと色合いにこだわったパクチーにしたところが変更ポイント。パッケージはオレンジ色がベース。フタにはなんとなくアジアンテイストな模様のパターンが描かれています。

早速つくってみる。

フタの上にはラクサペーストが貼り付けてありました。このペースト、10種類のスパイスとハーブを使用しています。

中はこんな感じ。

さて感想は。

熱湯を注ぎ3分後、フタをあけて「ラクサペースト」を加えたら出来上がり。

麺リフト。カップヌードルの平麺。

さて、いただきます。よくかき混ぜて箸で麺をつかんで上げると、クリーミーなスープが絡みつきます。とろみがあってクリームパスタ風。そして麺をすすると口の中にスパイスの香りと共にココナッツミルクの甘みが広がります。スパイスはそれほど強烈ではなく、ほどよい感じ。具は蒸し鶏、きざみ揚げ、たまご、赤唐辛子、パクチー。その中ではきざみ揚げがいい感じにスープを吸っていますね。今回リニューアルしたというパクチーは、彩りを添えているものの香りはさほど強くありません。結局、このカップ麺が好きかどうかは、ココナッツミルクカレーの甘みが好きか、そうでないかによるものだと思います。私はこの甘みがやや苦手でした。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.0(まあまあ)

<商品データ>
◎価格:180円(税抜)
◎内容量:81g(60g)
◎カロリー:380kcal
◎発売日:2018年4月2日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告