【袋麺】東洋水産「麺屋 彩未 味噌ラーメン」いろんな味が複雑に、かつ絶妙に絡み合った味噌味スープは味わってみる価値あり!

東洋水産の「麺屋 彩未 味噌ラーメン」は、北海道札幌市発祥の有名ラーメン店「麺屋 彩未」の人気メニューを冷凍麺で再現した冷凍袋麺です。いろんな味が複雑に、かつ絶妙に絡み合った味噌味スープは味わってみる価値はあります。

「麺屋 彩未」は、ラーメン店ひしめく札幌地区でトップクラスの評価を誇るお店です。パッケージは赤がベース。裏にはこのお店の紹介文があり、こんなことが書いてあります。

店主の奥氏は札幌の有名店で7年修行。2000年11月オープン後、駅から離れたリッチながらも、「札幌味噌ラーメン」に新風を吹かせ、全国的に有名な行列必至の人気店へと成長。「ただうまいものを作りたいだけです。」と、ひたすら厨房に立ち続ける職人気質の奥氏の人柄から、一般客のみならず同業者のファンも多く、“札幌の宝”とも表されています。

この修行した有名店というのは「すみれ」ですね。

早速つくってみる。

袋の中に入っていたのは「具付きめん」と「液体スープ」。

まずは「具付きめん」をレンジで加熱します。時間は500Wで4分、600Wで3分20秒が目安。一方、液体スープはお湯で解凍後、丼に入れ、熱湯270ccを注いでよくかき混ぜます。

さて感想は。

別途用意した豚肉と小松菜の炒めたもの、ネギ、ゴマ、のりなどを加えれば出来上がり。なお、おろし生姜を添えることが推奨されていますが、今回は用意できませんでした。

麺リフト。

さて、いただきます。まずはスープを一口。深くコクのある味噌味。いろんな味が複雑に、かつ絶妙に絡み合っていますね。そしてすぐに思い出したのが、このカップ麺のスープです。

明星の「狼スープ 濃厚味噌らーめん」は、札幌の人気味噌ラーメン店の味を再現したカップ麺です。 「狼スープ」は北海道札幌市にある...

このカップ麺のモデルとなっている「狼スープ」のご主人も「すみれ」で修行されたそうなので、根本的な部分で共通点はあると思われます。次に麺。札幌ラーメンっぽい黄色味を帯びた麺。さすがに生麺ほどのコシはありませんが、適度の弾力があってツルツルッとしています。具は豚肉とメンマ。追加で豚肉を入れたので本来入っていたものだけの評価はできませんでした。メンマはそれほど存在感はなかったかな。それにしても味噌味のスープは色々な旨みエッセンスが融合していて、最後まで飽きさせません。ということで完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.7(気に入った)

<商品データ>
◎価格:オープンプライス
◎内容量:249g
◎カロリー:558kcal
◎発売日:2018年3月1日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告