【袋麺】株式会社菊水「知床冷たいラーメン 2人前」麺もスープも羅臼昆布仕立てのさっぱり爽やかな一杯。

株式会社菊水の「知床冷たいラーメン 2人前」は、麺もスープも羅臼昆布仕立てという冷やしラーメン。味、見た目共にさっぱり爽やかで暑い日におすすめの一杯です。

この袋麺を製造・販売している株式会社菊水は、北海道産にこだわって生ラーメンをはじめとした麺類を数多く手がけています。このブログでは以下の商品を紹介しました。

パッケージは上半分がシルバーで、下半分が濃淡のあるマリンブルーでとても涼しげ。裏は作り方と原材料など。

早速つくってみる。

袋の中に入っていたのは麺とスープが二つずつ。麺が緑色ですね。

麺の茹で時間は約1分半。一方で添付の液体スープを丼にあけ、250ccの冷水を注ぎよく溶かします。麺が茹で上がったら冷水で洗い、水を切って丼へ。

さて感想は。

別途用意した茹でた小松菜、半熟玉子、キュウリ、刻み玉ねぎ、ネギ、ハム、白ゴマなどを加えたら、出来上がり。氷も入れました。

麺リフト。見ているだけで涼しくなってくる美しい翡翠色!

さて、いただきます。まずは透き通ったスープを一口。ほんのりと鰹節と昆布出汁の風味を感じるとてもさっぱりした塩味。そして今回一番楽しみにしていた翡翠色の麺。細目でツルツルッとしていてのど越しがいいですね。スピルリナ・クロレラ・羅臼昆布・わかめを練り込んでいるとパッケージに書いてあるので、昆布やわかめの風味が強いのかなと思っていましたが、それほど感じられず。海藻感はあると言われればあるような、ないと言われればないような。で、一見、コンニャク麺みたいですが、しっかりラーメンです。ちなみに、聞き慣れない「スピルリナ」というのは藻の一種で、ビタミン・ミネラル・アミノ酸など50種以上の健康・栄養成分を含んでいるらしいです。その後、シャキシャキの玉ねぎとキュウリの食感を楽しんだり、半熟玉子の黄身を麺に絡めてみたり。そしてまだ見ぬ知床半島とオホーツク海を思い浮かべながら完食。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.4(まあまあ気に入った)

<商品データ>
◎価格:330円(税抜)
◎内容量:296g(めん110g×2)
◎カロリー:370kcal
◎発売日:2018年2月20日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告