【立ち食いそば】立ち食いそばの定番メニュー「春菊天そば」をまとめてみた。<第2回 春菊本来の形を残して揚げたヤツ編>

立ち食いそば店の定番メニューの一つ「春菊天そば」。同じ「春菊」という素材を使っているものの、揚げ方や形態はお店によって様々。ということで各店舗の春菊天そばをまとめました。第1回の前回は「固めて丸く揚げたヤツ編」と題して紹介しました。

立ち食いそば店の定番メニューの一つ「春菊天そば」。同じ「春菊」という素材を使っていますが、揚げ方や形態はお店によって実にバラエティ豊か。とい...

第2回の今回は見た目のインパクト抜群の「春菊本来の形を残して揚げたヤツ編」をお届けします。

「乱切りそばあずみ池袋東口店」

まずは池袋東口のパルコ横にある「乱切りそばあずみ池袋東口店」から。このお店は「乱切り」という店名からもわかるように、太さの異なるそばが特徴。微妙に食感が違って面白いんですよね。で、ここの「春菊天そば」(440円)はこの通り、そばの上には春菊がドカーン!

rangiri4

存在感バツグン。見ているだけでテンションが上がります。

rangiri5

まずはパリッとした葉先をいただき、丼に収まる大きさになったらつゆに浸して残りをいただく方式で食べ進めて完食しました。

<店舗データ>
◎住所:東京都豊島区南池袋 1-28-2PARCO 横
◎交通手段:JR「池袋駅」東口徒歩1分
◎営業時間:7:00~23:00
◎定休日:年中無休

<地図>

今回は乱切りそばあずみ池袋東口店をご紹介します。 乱切りそばとは? 場所は池袋東口を出てビックカメラへ向かう途中。 池袋パルコ...

「いろり庵きらく nonowa武蔵境店」

JR東日本系のNRE(日本レストランエンタプライズ)がJR駅周辺に展開する「いろり庵きらく」。秋葉原、上野をはじめ、東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・山梨県に62店舗を展開しています(2018年4月末現在)。ここでご紹介するのは、JR中央線「武蔵境駅」の改札を出てすぐにある商業施設「nonowa武蔵境EAST」の一角にある「いろり庵きらく nonowa武蔵境店」でいただいた「春菊天そば」(420円)。

kiraku5

春菊本来のカタチを活かして揚げられた春菊天はこの通り!

kiraku4

揚げ置きでしたが、まだサクサク感が残っていました。この春菊天、完食した時の達成感はハンパありません。

<店舗データ>
◎住所:東京都武蔵野市境南町2-1-35 nonowa武蔵境 EAST5
◎交通手段:武蔵境駅から徒歩30秒
◎営業時間:[月~金]7:00~22:00 [土]7:00~21:00 [日・祝]9:00~21:00
◎定休日:無休

<地図>

前回いつ訪れたか忘れてしまったJR中央線の「武蔵境駅」。新宿方面から行くと三鷹駅の次で、お隣は花小金井駅です。改札を出るとなんだかしゃれた感...

銀座「よもだそば 銀座店」

日本橋本店と銀座店の2店を展開している「よもだそば」。自家製麺の生そばにこだわったクオリティの高いそばがリーズナブルな価格で楽しめるお店です。今回ご紹介するのは「よもだそば 銀座店」でいただいた「春菊天そば」(370円)。それがこちら!

素材のカタチをそのまま活かして揚げられており、上の3分の1は丼からはみ出しています。茎の方がそばつゆに沈んでおり、なんか前衛的な生け花にも見えなくない。

春菊天は揚げ置きでした。揚げてからかなり時間が経っていたみたいでやや固め。とうことで、つゆにしばらくひたし、柔らかくしていただきました。

銀座にある「よもだそば 銀座店」は、自家製麺の生そばにこだわったクオリティの高いそばがリーズナブルな価格で楽しめる店。本格インドカレーも人気...

成増「文殊 成増店」

細目の生そばと揚げたての天ぷらで立ち食いそばファンに高い人気を誇る「文殊」。そのうちの一つ、東武東上線「成増駅」構内にある「文殊 成増店」でいただいたのが、こちら。「冷やし春菊天そば」(440円)。

monjyun4

春菊天とネギ、わさびと微妙にトーンが異なる3つのグリーンが鮮やかで、清涼感たっぷり。上に紹介した3店に比べると茎の部分こそありませんが、春菊本来の形を残しながら揚げてあります。

monjyun5

衣は薄目。天ぷらは揚げ置きですが、回転がいいためかまだサクサク感が残っていました。

<店舗データ>
◎住所:東京都板橋区成増2-13-1 成増駅
◎交通手段:東武東上線「成増駅」改札内
◎営業時間:[月~金] 6:00~23:00 [土・日・祝] 7:00~21:00
◎定休日:無休

<地図>

「文殊 成増店」は東武東上線「成増駅」構内にあるそば店。自家製麺、サクッとした天ぷら、茹でたてのそばで人気です。 成増駅は池袋...

淡路町「めんや」

注文を受けてから茹でる、茹でたてのそばが特徴の淡路町「めんや」。このお店の「春菊天そば」(380円)がこちらです。

ここも下の茎部分はないものの、春菊本来の形を残したまま揚げてあります。

茹でたての生そばはコシがあり、つゆは出汁がしっかりと香ります。春菊天はサクサク。適度な大きさで食べやすかったです。

<店舗データ>
◎住所:東京都千代田区神田須田町1-14 AKビル1F
◎交通手段:東京メトロ丸ノ内線「淡路町駅」から徒歩2分
◎営業時間:8:30~17:00
◎定休日:土曜・日曜・祝日

<地図>

淡路町の「めんや」は注文を受けてから茹でる、茹でたてのそばが特徴です。 場所は地下鉄「淡路町」A1出入口から約200m。靖国通...

以上、春菊天そばの「春菊本来の形を残して揚げたヤツ編」でした。このタイプはインパクトがあって印象に残ります。第3回は「その他編」です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告