【カップ麺】「サッポロ一番 旅麺 博多 明太味とんこつラーメン」スープ・麺ともあっさり。こってり好きにはもの足らないかも。

サッポロ一番 旅麺 博多 明太味とんこつラーメン」は、博多名物・とんこつラーメンをベースに、同じく博多名物の明太子の風味を加えたカップ麺。コンビニやドラッグストアなんかで100円前後で売られているシリーズの一つですが、以前いただいた「旅麺 札幌 味噌ラーメン」は、味噌味のスープのクオリティが結構高くてビックリしたのを覚えています。ということで期待したのですが、時々ピリッと来る明太子味はいいアクセントになったものの、スープ・麺ともあっさりしていて、こってり豚骨好きにの私にはややもの足りませんでした。

全国のご当地麺をモチーフにした「旅麺」シリーズ

サンヨー食品の「旅麺」は日本全国の主要なご当地麺をモチーフにした、オープンプライスのカップ麺シリーズです。この商品の他、「札幌 味噌ラーメン」「名古屋 カレーうどん」「会津・喜多方 醤油ラーメン」「長崎中華街 ちゃんぽん」「京都 背脂醤油ラーメン」「横浜家系 豚骨しょうゆラーメン」などがあります。これまでこのブログでは「長崎中華街 ちゃんぽん」と「札幌 味噌ラーメン」をご紹介しています。

「サッポロ一番 旅麺 長崎中華街 ちゃんぽん」は長崎名物のちゃんぽんをテーマにしたカップ麺です。 サッポロ一番の「旅麺シリーズ...
サッポロ一番の「旅麺 札幌 味噌ラーメン」は、北海道醸造味噌を使用したカップ麺です。 「旅麺」はサンヨー食品のオープンプライス...

パッケージはカップをオーソドックスな中華柄の丼に見立てたデザイン。白の器にやや赤みがかった乳白色のスープ、青ネギ、真っ赤な明太パウダーが映えています。

早速つくってみる。

フタを開けると入っていたのは「特製スープ」「調味油」「かやく」の3つの小袋。この価格で3つというのは贅沢かも。

中はこんな感じ。油揚げめんです。

さて感想は。

「粉末スープ」湯戻し時間は2分。フタを開けて「調味油」を入れたら出来上がり。

麺リフト。色は白っぽいですね。

さて、いただきます。まずは麺。博多ラーメンと言うとストレートの細麺をすぐに連想しますが、それとは全く違ってやや縮れた中ぐらいの太さの麺。弾力があっていかにもカップ麺の麺っぽい油揚げ麺。次にスープ。お湯を入れる前に粉末スープの袋を開けて丼に入れた際に、ふわっと豚骨風味が漂ってきたのですが、味わってみたところ豚骨風味は消えていて、何とも薄くて正体がつかみづらい味。たまにピリッと来る明太子の辛みがややアクセントになっている程度。かやくはごま、明太子味付そぼろ、ねぎ。明太子味付そぼろは彩り的にはいいのですが、申し訳程度の量であまり存在感はありませんでした。全体にスープ、麺ともにあっさりし過ぎという印象でした。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.0(まあまあ)

<商品データ>
◎価格:オープン価格
◎内容量:75g(60g)
◎カロリー:348kcal
◎発売日:2018年2月

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告