【HDR写真】四日市市・三和商店街×ズームレンズ×3枚撮影×HDR×絵画風(その3)

2018年4月に撮影したJR四日市駅近くにある「三和商店街」のHDR写真。これまで2回にわたって紹介してきました。

三重県四日市市のJR四日市駅近くの「三和商店街」。終戦直後に建てられた市場で、開設当初は賑わっていたそうですが、昭和31年に近鉄四日市駅が今...
前回に続き、2018年4月に三重県四日市市で撮影したHDR写真をご紹介します。場所はJR四日市駅近くの「三和商店街」。終戦直後に建てられた商...

今回はその三回目です。商店街の通路は約2メートルほど。少し前までは営業していた店も閉鎖したようで、それまで使っていたイスや棚が通路に置いてあります。

お店の壁にある電力メーターの下を見ると、「バー 公安委員会」という時代を感じさせるプレート。その上には閉店に伴って電気を止めたときに貼ったと思われる中部電力の黄色い貼り紙が。

波打ったベニヤ板。「力」の先はこの商店街の入口です。

不意に現れる真っ赤な壁の建物。

三和商店街の写真はここまで。以下はこの商店街の隣の区間にある建物を二つご紹介します。まずは「四日市温泉」という銭湯です。

この通り、正面から見ると長方形で、銭湯としては珍しいカタチ。レトロモダンとでも言うべきか?ネットで見るとこの銭湯、2014年にはまだ営業していたようですが、今は営業していないようです。一方、こちらも商店街の隣の区間にある和菓子の老舗「花月堂本店」。

創業は明治16年(1883年)で、看板商品の「釆女の里」は最中にあんと餅が入ったお菓子だったそうです。近寄ってみると「閉店のご挨拶」という貼り紙。

2017年3月末日をもって閉店した旨が書かれていました。

<Photomatixの設定>
■方式:トーンマッピング(細部強調) ■強さ:50~100 ■彩度:80 ■トーン圧縮:10.0 ■細部コントラスト:6.0 ■照明の調整:-10.0 ■ハイライトの色調:0 ■ホワイトポイント:2.8000% ■ブラックポイント:0.604% ■ガンマ:1.23 ■色温度:0.0 ■マイクロスムージング:0.0~15.0 ■ハイライトの彩度:0.0 ■シャドウの彩度:0.0 ■シャドウのなめらかさ:0 ■シャドウクリッピング:0

<撮影日時・場所>
2018年4月15日 15時前後
三重県四日市市

<使用機材・ソフト>
Pentax Q7/02 STANDARD ZOOM
3Shot Jpeg→Photomatix Pro 5.1.2→Photoshop→Topaz Adjust5

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告