【立ち食いそば】日本橋「蕎麦一心たすけ 八重洲店」製麺所直営ならでは!コシがありのど越しがいいそば

地下鉄・日本橋駅からすぐの「蕎麦一心たすけ 八重洲店」は、製麺所直営の立ち食いそば店。コシがあり、のど越しもいいそばが特徴です。

すぐ隣はあの超人気店「よもだそば」

「蕎麦一心たすけ」は品川・荏原にある小野製麺の直営の立ち食いそば店で、この八重洲店のほか、田町店があります。

田町・三田駅からすぐの「蕎麦一心たすけ」。人気メニューの一つ「天ぷらそば」は、揚げ置きしてある何種類もの天ぷらの中から好きなものが選べます。...

八重洲店の場所は東京メトロ東西線「日本橋駅」のA3・A7出口を出て徒歩1分ほど。隣はクオリティの高いそばと本格的なインドカレーで有名な「よもだそば」。赤丸がこのお店です。

入口横には写真入りのメニュー。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が290円で、「天ぷらそば・うどん」が420円。なお、天ぷらは注文時に「なす天」や「ちくわ天」、「春菊天」、「舞茸天」など揚げ置きしてあるものから一つを自由に選べるようになっています。なお、少し開けられた窓から「小野製麺」と書かれたそばを入れる箱が見えていました。

キャパは17名程度

この日入店したのは午後2時少し前。入ってすぐ左手に自動券売機が2台あり、ここで食券を購入して店中央の注文カウンターでチケットを渡してオーダーするシステムです。

お店は男性1名、女性2名の店員さん3名体制。お客さんは私を含めて男性ばかり5名。みんな近所のビジネスマン風でした。注文カウンターでチケットを男性店員さんに渡して「そば」を指定し、空いている丸テーブルの奥の席で出来上がりを待ちます。店内を見渡すと入口すぐ右の通り沿いに5席のカウンター。フロアには手前と奥に5席の丸テーブルが2つあり、その間に1人が立ち食いできるくらい小さい丸テーブルが2つあって、キャパは17名程度。テーブルの上には黒のリターナブル箸と一味。

そして待つこと2分ちょいで出てきたのはこちら。「冷やし梅そば」(450円)。

上から。中央におろし、その上に梅肉がのっています。

さて、いただきます。まずはそば。やや細目ですがしっかりとコシがあり、歯ごたえ、のど越し共にいいですね。さすが製麺会社の直営店。次につゆをいただくと、かつお出汁がしっかりきいているものの、やや薄目。冷やしなのでもう少し濃くてもいいような気がします。おろしはサッパリしていて、梅肉もいいアクセントになってくれました。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.4(まあまあ)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都中央区日本橋2-1-20
◎交通手段:東京メトロ東西線「日本橋駅」A3・A7出口より徒歩1分
東京メトロ半蔵門線「三越前駅」B3出口より徒歩4分
JR「東京駅」日本橋口より徒歩5分
◎営業時間:[月~金]7:00~21:30 [土]11:30~14:00
◎定休日:日曜、祝日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告