【立ち食いそば】池袋「君塚」天ぷらの種類が豊富!昭和の香り漂う立ち食いそば店。

池袋の「君塚」は昭和の香り漂うオーソドックスな立ち食いそば店。種類豊富な天ぷらが楽しめます。

池袋の西口五差路交差点の角付近

場所は池袋西口の西口五差路交差点の角付近。丸井の道路を挟んだ前辺り。東京メトロ「池袋駅」のC6出口を出てすぐ目の前。

店内は左右に細長いつくりで、立ち食いカウンターのみでざっと20名ぐらいは入れそう。中央に注文カウンターがあり、そこで口頭でオーダーするシステム。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が290円。「かき揚げそば・うどん」が400円。そして、注目すべきはメニューの豊富さ。「いか天」、「あじ天」、「きす天」、「桜えび天」、「しめじ天」、「いんげん天」、「たまねぎ天」、「ごぼう天」など。各種セットもありますし、中華そばも人気です。

関西味のつゆも選べる!

入口は左右に一つずつ。この日は丸井寄りの入口から入店し、店員さんに注文します。時刻は13時過ぎ。なお、つゆを関西味にしたい場合は、この時に「なにわ」と言えばOK。今回は関東味にして注文カウンターの前で待ちます。そして1分ちょいで出てきたのがこちら。「春菊天そば」(440円)。

丼の表面の9割を覆う春菊天。存在感タップリ。わかめも入っています。

さて、いただきます。まずはそばから。むらめん製のゆでそばで柔らかタイプ。太めで食べ応えがあります。

そしてつゆ。色は黒っぽいものの塩っぱくなく、ほど良い塩梅でカツオ出汁がきいています。店頭にあった案内書きによると、このつゆは「本がつおを主原料にじっくり熟成させ、老舗のそば職人が関東風にこくのある旨さに仕立てた伝統ある味」とのこと。春菊天は揚げ置き。しなっとしていますが、つゆにつけて食べれば全然問題なし。そして3分の1ぐらい食べ進めたところで、姿を現したのがこちら、ゆで玉子。

この玉子、平日午後1時から3時までの昼の混雑時間を避けて来店した人に「時差来店サービス」として無料でサービスされます。注文カウンターでゆでか生かを聞かれるので、今回はゆで玉子をチョイスしました。太めでそこそこ量もあるそば、大きな春菊天、ゆで玉子と食べ応え十分で、完食するとお腹いっぱい。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.8(気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都豊島区池袋2-1-1 スギヤマビル 1F
◎交通手段:東京メトロ「池袋駅」C6出口から徒歩1分
◎営業時間:6:00~翌4:00すぎ
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告