【週間日記】2018年5月27日(日)~6月2日(土)

<前週はこちら>

<前週はこちら> 5月20日(日) 朝6時30分起床。朝食時に録画していた「ゴッドタン」。本日は「腐り芸人セラピー」第2弾。イン...

5月27日(日)

朝6時起床。原稿制作の続き。朝食時に録画しておいた「ゴッドタン」を見る。今回は「ひなたよ矢作が欲しければ小木を超えてみろ!」ということで、矢作が公式おじいちゃんになったエビ中の柏木ひなたと小木が矢作をかけて対決…というワケがわからないというか下らないというか、いかにもゴッドタン的な企画。判定を下すのがハライチの岩井だったからなんとか成り立った感じ。昼食は焼きそば。天かすを入れたのでコクが加わっていい感じ。

16時20分ぐらいから大相撲夏場所千秋楽をテレビ観戦。その前にチラリとワンセグで見たが、隠岐の海のことはもう考えるのをやめることにする。注目の優勝争いは、栃ノ心が勢に勝って13勝2敗として、結びで白鵬が勝てば決定戦となる展開。しかし鶴竜が勝って優勝。栃ノ心に優勝して欲しかったが、まあこれで良かったのかも。18時過ぎに家を出て「焼鳥やっちゃん」へ。本日もテーブル席。店員さんは昨日とは違う女性と新人の女性の二人体制。先客はカウンターに3人とテーブル席に2人。キンミヤの酎ハイにつまみはキャベツ味噌、ねぎま、鳥皮に、ホワイトボードのメニューから鳥肉とほうれん草のポン酢がけ。

カウンター席にいた60代後半ぐらいのおばちゃんが「年を取れば飲めなくなるわよ。昔は平気で一升瓶一本ぐらい飲んだもんよ」と言っていた。シメのつまみとして初めてつくねを頼んだ。

おお、これもなかなかのクオリティ。1時間ちょい飲んで帰宅。

中板橋の「焼鳥やっちゃん」は、落ち着いた雰囲気の中、炭火で丁寧に焼かれた焼鳥など、うまいつまみが楽しめる居酒屋です。 2017年5...

5月28日(月)

朝6時5分起床。木曜日取材の原稿制作の続き。朝食はゴリラがトレードマークのあの店のこんなもの。

ライスのバンズはモチッとした食感。カレーは結構スパイシー。もう少し量が欲しかった。

13時ぐらいに家を出て新媒体のガイダンスへ。場所は日本橋。地下鉄丸ノ内線で東京まで行き、そこから歩いて向かう。途中、日本橋駅付近の「蕎麦一心たすけ 八重洲店」で冷やし梅そば(450円)。おろしと梅肉でサッパリしていて暑い日にピッタリ。

ガイダンスは14時半から1時間半ほど。終了後、東京駅からJRで酒場の最寄駅まで。17時少し前に酒場前に到着するが本日も休み。17時2分ぐらいにもう一つの酒場へ。ビールに三つ葉のおひたしを注文。テレビでは日テレのニュース。茅ヶ崎で90歳の女性の運転する車が横断歩道の歩行者らを巻き込みながら脇の歩道に突っ込む事故があったとか、キムタクと工藤静香の次女がモデルデビューしたといった話題。ビールを飲み終え、レモンハイに移行し、とうがんのあんかけ、オニオンスライスを追加で注文。17時50分ぐらいに訛り大先輩が来店されたが本日はおとなしくほとんど話をされなかった。18時20分ぐらいに店を出て帰宅。

20時ぐらいから録画しておいた「鉄腕DASH」を見る。隅田川の柳橋付近からゴムボートでお茶の水、水道橋、江戸川橋、早稲田と神田川を遡っていくリーダーと国分くん。池の水を全部抜く番組ではクサガメや鯉は外来種として徹底的に排除されるが、この番組では古来の生き物として扱っていた。

地下鉄・日本橋駅からすぐの「蕎麦一心たすけ 八重洲店」は、製麺所直営の立ち食いそば店。コシがあり、のど越しもいいそばが特徴です。 ...

5月29日(火)

朝5時起床。先週取材した原稿制作の続き。良く晴れた爽やかな天気だったが終日自宅。昼食はニュータッチの凄麺シリーズの一つ「奈良天理スタミナラーメン」。

にんにくの香り漂うピリ辛よりも少し辛いサラッとした醤油スープ。酒を飲んだ翌日の体が欲する辛さでゴクゴク飲んだ。20時ぐらいから録画しておいた「歴史秘話ヒストリア」を見る。テーマは観応の擾乱。遠い昔に聞いたことだけはあったが、こういう争いだったのか、という印象。それにしても「観応の擾乱(かんのうのじょうらん)」、響きがいい。本日は酒を飲まず。

今回いただいたのはニュータッチの「奈良天理スタミナラーメン」。生麺のような独特のツルみがある麺が特徴の「凄麺」シリーズの一つです。麺には定評...

5月30日(水)

朝5時15分起床。先週木曜日取材の原稿を8時ぐらいにアップ。本日はオフとすることにして、10時半過ぎに家を出て池袋へ。11時過ぎに「若大将まつしま」に入店。

数十年前からこの店の前は何百回も通っているが入店したのは初めて。午前中も普通に開いているんでずっと食事メインの店だと勘違いしてたんだよな。チューハイにポテサラ、カツオのたたきを頼む。

店内は結構な賑わい。昨夜から続けて飲んでます風の会社員のグループや、スナックのママとヒモ風のわけありカップルなどなかなかのカオス。奥の端っこの席で会社のグチやら痴話喧嘩をBGMに飲む一杯は格別。1時間弱で店を出てすぐ近くの「大都会」へ。ここは7~8年ぶりぐらいか。

自販機で600円の酎ハイ3杯券を買って、つまみはチーズサラミ、オニオンスライス。

店内はなんかキレイになったみたい。ポツポツお客さんがいるが割と静か。ここにも一時間弱ほど。店を出て丸井の方向に向かい、西口五差路交差点の角の立ち食いそば店「君塚」へ。

いただいたのは春菊天そば。

食べ終えてフラフラと池袋駅まで歩いて電車に乗って帰宅し、夕方まで休憩。20時ぐらいから録画しておいた「月曜から夜更かし」、「智恵泉 島津斉彬編」を見る。智恵泉のゲストのお偉いさんの話が抽象的で面白くない。

池袋の「君塚」は昭和の香り漂うオーソドックスな立ち食いそば店。種類豊富な天ぷらが楽しめます。 池袋の西口五差路交差点の角付近 場...

5月31日(木)

朝5時30分起床。本日の取材の準備。11時過ぎに家を出て取材へ。どんより曇り空。副都心線、丸ノ内線で11時45分ぐらいに新宿御苑前に到着。駅からすぐの「十割蕎麦 新宿御苑店」で「藪十割ざるそば」(500円)。かなり本格的なそば。

取材は13時から2時間弱。まっすぐ帰宅。少し休憩後、本日到着した取材なしの音声データのテープ起こし。夕食は鯖の塩焼きなど。

夕食後、22時ぐらいまで仕事の続き。録画していた「歴史秘話ヒストリア ー神と仏のゴチャマゼ千年 謎解き!ニッポンの信仰心ー」を見る。「神仏習合」は1000年もの歴史があって、神と仏をごちゃまぜにするのはこの国に住む人のDNAに刷り込まれているということか。

新宿御苑の「十割蕎麦 新宿御苑店」は、押し出し製麺機による本格的な十割蕎麦が立ち食いで楽しめる店。そばは「藪」と「更科」の二種類の粉から選べ...

6月1日(金)

朝5時20分起床。昨日取材の原稿制作。14時少し前に家を出て昼食へ。日差しが強く、10分ちょっと歩くとクラクラする。まあ、クラクラするのは日差しのせいではなく、ここ1ヶ月半ぐらいの体調不良のせいだが。「名代 富士そば ハッピーロード大山店」で冷やしとろろそば(420円)。

15時少し前に帰宅し、昨日テープ起こしをした原稿制作。19時ぐらいから夕食。豚しゃぶなど。

その後、22時まで仕事の続き。

「名代 富士そば 大山ハッピーロード店」は、東武東上線・大山のアーケード商店街・大山ハッピーロード内にあるお店。茹でたての生そばが24時間楽...

6月2日(土)

朝5時15分起床。木曜日取材の原稿と、もう1本取材なし原稿の制作の続き。昼食は「冷凍 日清中華 上海焼そば 大盛り」。

冷凍食品でレンジでチンするだけだが本格的。…などとしれっと書いたが、高級中華料理店で本格的な上海焼きそばなんて食べたことなんてあるはずもなく、何が本格的なのか本当はわからないんだけど…。大盛りでずっしり。午後も仕事の続き。途中休憩しながら19時ぐらいまで。20時少し前に家を出て「焼鳥やっちゃん」へ。本日はテーブル席。店員さんは女性一名体制。先客はカウンターに一人客。テーブル席に二人組。奥のテーブルに4~5人のグループ。キンミヤの酎ハイに、つまみはキャベツ味噌、ねぎま、鳥皮と、ホワイトボードのメニューからゴーヤとツナのサラダ。

1時間ちょい飲んで帰宅。「アド街ック天国 ーチャーミングな埼玉BEST20ー」を途中から見る。

中板橋の「焼鳥やっちゃん」は、落ち着いた雰囲気の中、炭火で丁寧に焼かれた焼鳥など、うまいつまみが楽しめる居酒屋です。 2017年5...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告