【袋麺】日清「冷凍 日清中華 上海焼そば 大盛り」通常バージョンより約30%増量で食べ応え十分!

日清「冷凍 日清中華 上海焼そば 大盛り」は、本格的な「上海焼そば」を電子レンジの簡単調理で、味わえる具付き冷凍焼そばです。

実はこの商品、大盛りではない通常バージョンを以前ご紹介したことがありました。

日清「冷凍 日清中華 上海焼そば」は、本格的な「上海焼そば」を電子レンジの簡単調理で、味わえる具付き冷凍焼そばです。 パッケー...

通常は254gですが、今回の大盛りは330gと約30%の増量。手に取るとずっしり。カロリーも通常が357kcalに対して、大盛りは472kcalで、こちらも30%強のアップ。パッケージは基本的には通常バージョンと同じで、表が深い青をバックに大きな出来上がり例写真。左半分はゴールドの格子状のデザインの上に「大盛り」という文字。裏は作り方と原材料など。

早速つくってみる。

袋の中に入っているのは具付き麺。

電子レンジで加熱するだけでOKです。加熱時間は500Wで約7分、600Wで約6分。大盛りということで加熱時間も長いですね。また、フライパンでの調理も可能。水を少し入れて、内袋から取り出した具付き麺を強火で約5分ほど蒸し焼きし、その後、強火で炒めて水分を飛ばすというやり方でもOK。

さて感想は。

そして皿に盛り付けたのがこちら。通常バージョンに比べてタケノコがやけに目立ちます。

麺リフト。

さて、いただきます。麺が多いせいかソースにムラがあるので、最初によくかき混ぜます。そして麺をいただくと、ふんわりと柔らかな食感でオイスターソース風味。具材はモヤシ、チンゲン菜、タケノコ、エビ、赤ピーマン、キクラゲの6種類。そのうちエビは小ぶりのものが2個。大盛りじゃない通常バージョンは確か3個だったはず。何かの間違いかと思って麺をひっくり返して探したのですが、やはり2個しかありません。で、パッケージの盛り付け例の写真を見ると、2個しかないじゃありませんか。なるほど…大盛りは1個減らしたんですね。普通、大盛りだったらエビも増やしたのかと思いますが、コスト削減のためですかね。まあそれはさておき、具材はそれぞれ味と食感が違うので、いいアクセントになってくれて飽きずに食べ進めることができます。特にタケノコはシャキシャキ。そして3分の2を食べたところでラー油を加えて味を変えて完食。いやぁ、やはり食べ応えがありました。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.3(まあまあ)

<商品データ>
◎価格:オープン価格
◎内容量:330g
◎カロリー:472kcal
◎発売日:2018年3月1日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告