【袋麺】株式会社みうら食品「山形そば屋の中華 鳥中華」ツルッとした中華麺とそばつゆをベースにしたつゆが絶妙にマッチ。

株式会社みうら食品「山形そば屋の中華 鳥中華」は、そばつゆをベースにした鶏味の和風中華そばです。ツルッとした中華麺とつゆが絶妙にマッチした一杯が楽しめます。

この商品を製造している株式会社みうら食品は、山形県東根市に本社・工場を持つ乾麺の製造・販売会社。創業は昭和25年10月ということですから、65年以上の歴史があり、そばをはじめ、そうめん、ひやむぎ、うどん、中華麺などの乾麺を製造・販売しています。看板商品は「蔵王そば」。なお、鳥中華とは山形県天童市のそば屋「水車生そば」で生まれたと言われているご当地ラーメンの一つ。もともとはまかないメニューだったとか。パッケージは赤が基調。黒い帯に「鳥中華」という金色の商品名。一部が透明になっており、中の麺が透けて見えています。裏は調理方法や原材料。

早速つくってみる。

袋の中に入っていたのはストレートタイプの乾麺と蔵王鳥中華スープが二つずつ。

一人前の作り方は、まずは水1リットルを沸騰させます。次に添付のスープを丼に入れ、熱湯300ccで割ってスープを作ります。一方、沸騰したお湯に麺を入れ約5分半茹で、茹で上がったらお湯を切ってスープを作った丼に投入。

さて感想は。

別途用意した茹でたほうれん草、ゆで玉子、肉などを盛り付けて、最後にネギ、胡麻、ノリを加えたら出来上がり。

麺リフト。平打ちの中華麺です。

さて、いただきます。まず麺をすすると、ツルツルとしていて適度なコシがあります。平打ち麺ですすり心地が良い! 続いてスープというか、つゆをいただくと、カツオと昆布出汁がきいた鶏風味の和風そばつゆ。これがクセのない中華麺と絶妙にマッチして違和感はゼロ。優しい味なので箸も進み、あっという間に完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.9(気に入った)

<商品データ>
◎価格:300円(税抜)
◎内容量:260g(めん180g)
◎カロリー:kcal
◎発売日:

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告