【袋麺】岡本製麺株式会社「徳島らーめん」予想を上回るクオリティ!本格的な徳島らーめんが手軽に楽しめる。

岡本製麺株式会社の「徳島らーめん」は、豚ガラをベースにした醤油味のスープと、細いストレート麺が特徴の棒ラーメン。本格的な「徳島らーめん」が手軽に楽しめます。

この袋麺を製造・販売している岡本製麺株式会社は、徳島の吉野川のほとりに本社工場を構えている製麺会社。創業は1947年で、半田手延べそうめんをはじめ、祖谷そば、無塩完熟めん、徳島らーめんなどを製造・販売しています。このブログでは以下の商品をご紹介したことがあります。

パッケージは明るい黄色がベース。棒ラーメンのパッケージでは通例となっている中央部分が透明で、中身が見えるようになっています。また、棒ラーメンのパイオニア「マルタイラーメン」のキャッチフレーズ「煮込み3分 味一流」からインスパイアされたのか、パッケージ表の左下には「煮込み3分・職人の味」というキャッチ。

早速つくってみる。

袋の中に入っていたのは麺二束と液体スープが2つ。

450~500ccのお湯に麺を入れ、2~3分間茹でます。茹で上がったら火を止めてスープを加えます。

さて感想は。

別途用意した豚肉をカリカリに炒めたものと茹でたほうれん草、ゆで玉子を加えて、ネギとゴマ、ノリをトッピングしたら出来上がり。スープは茶色。いわゆる茶系ですね。

麺リフト。細目のストレート麺です。

さて、いただきます。まずは麺。細目ですがしっかりとコシがあり麺自体の旨味を感じます。続いて若干濁りのある茶色のスープをいただくと豚骨の風味豊かで濃厚な醤油味。味の記憶なんて曖昧で不確かかも知れませんが、徳島で食べた名店「いのたに」のスープを思い出しました。麺、スープ共に予想以上の確かなクオリティ。これは侮れません。ということで「うまい」を連発しながらスープの最後の一滴まで飲み干しました。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.9(気に入った)

<商品データ>
◎内容量:206g(めん73g×2、液体スープ30g×2)
◎カロリー:302kcal

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告