【居酒屋紹介・昼間から飲める店】山形市「Q’s(キューズ)」午前11時から飲める!

山形市の「Q’s(キューズ)」はこの地域では珍しく、午前11時から営業している居酒屋。昼間からしっかり飲めるお店です。

山形駅から徒歩10分程度

場所はJR「山形駅」から徒歩10分程度。駅東口から県道16号を羽州街道方面に進み、十字屋の角を右折。一つ目の信号がある十字路を渡ったところにあるターミナルプラザビルの1階。下の写真の赤丸部分です。

「大人のたまり場」と書かれた赤の看板があり、その下には角ハイボールの黄色い提灯が4つ。壁とドアは少し青みがかったグリーン。そして店に前にはベニヤ板に人工芝が張られた1畳ほどのテラス席風のスペースがあり、その上にはプールサイドなどでよく見る白いリゾートっぽいイスが置かれています。

店内はカウンター席とテーブル席、奥は座敷

店内は入口を入ってすぐのところに厨房を囲むカウンター席が7席、フロアには2人用テーブルが2卓と4人用テーブル1卓、さらに奥が広めの座敷になっており、食べログ情報によると30名までの宴会が可能らしいです。

メニューは多彩。とりあえず…のすぐ出せる単品からピザ、揚げ物、ご飯ものなど。

さらには魚、肉、野菜料理なども。

ドリンクの種類も豊富。ホッピー、サワー、カクテル、各種焼酎など。

ホッピーもあり!

そしてまず頼んだのがこちら。「生ビール」(500円)にとりあえずの二品。

「もやしゴマ和え」(250円)。

「ポテサラ」(300円)。

「生ビール」の後は「ホッピーセット」(450円)に移行。追加のソトは250円で、ナカは200円です。

連日マスターを慕う常連さんが来店

午前11時からの開店は、昼飲み好きにとってはありがたい限り。私は3日間の山形滞在中に3回訪れ、1回目の月曜日は定休日だったので入店できなかったものの、その後2日連続で行きました。最初の訪問は午前11時40分頃。この時間ですでに奥のテーブル席で20代の男女4名グループが飲んでいました。カウンター席の中央辺りに腰掛けて飲んでいると、12時過ぎに常連さんらしい30代後半ぐらいの男性一人客が来店。トルコ旅行から帰ってきたばかりらしく、マスターにおみやげを渡し、あんなことがあった、こんなモノを見たとか興奮気味に話していました。私がホッピーセットを頼んだタイミングで、マスターが「このお客さん、先週トルコに行って帰ってきたばかりなんですよ」と紹介してくれたことから私も話に加わることに。当初1時間ぐらいで帰るつもりが気がつくと2時近くになっていました。

2回目は翌日の午前11時25分ぐらいに入店。この日は先客がおらず、生ビールを飲んでいると12時前に店内に音楽イベントのポスターを貼ってくれないかと、30代後半ぐらいの体格のいい男性が来店しました。この方も常連さんらしく、アイスコーヒーを飲みながらご店主も含めて、スポーツなどいろんな話で盛り上がりました。そしてこの日も結局13時30分ぐらいまで楽しませていただきました。マスターは40代前半ぐらいでしょうか。チラリと聞いたことなので正確な情報ではありませんが、静岡県下田の出身でずっとサーフィンをやっていたとか。音楽やカルチャー、スポーツなどに造詣が深く、その穏やかな人柄を慕って常連さんが集まって来ているようでした。また山形に行ったらぜひ訪れたい。そんな居酒屋でした。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:山形県山形市香澄町3-8-38 ターミナルプラザビル102
◎交通手段:「山形駅」から徒歩10分
◎営業時間:11:00~24:00
◎定休日:月曜日(2018年6月時点/変更の可能性あり)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告