【立ち食いそば】大山「そば うどん ごん平」つゆは関東風・関西風の2種類!茹で立ての生そば・うどん・きしめんが楽しめる。

板橋区・大山の「そば うどん ごん平」は、生そば・うどん・きしめんが手軽に楽しめる店。関西風と関東風の2種類のつゆがあるのも特徴です。

ハッピーロード商店街のちょうど中間辺り

場所は東武東上線「大山駅」南口から徒歩5分程度。ハッピーロード商店街を川越街道方面へ進み、アーケードのちょうど中間地点辺り。パチンコ店「マルハン」の向かい。イメージキャラクターのきつね「ごん平」のイラストが描かれた看板が目印です。

関東風・関西風の2種類のつゆから選べる

入口はアーケード側と路地側の2ヶ所ありますが、基本的に利用するのはアーケード側です。その左側に小型の自動券売機があり、ここで食券を購入し入店し、店員さんに渡してオーダーするシステムです。

価格は「ざるそば・うどん」が390円で、関西風のつゆの「なにわそば・うどん」が430円、「天ぷらそば・うどん」(関東風つゆ)が430円、「なにわ天ぷらそば・うどん」(関西風つゆ)が550円。このように関東風と関西風の2種類のつゆが選べるのがこのお店の特徴です。

厨房を囲む8席のL字型カウンター

年季の入った白の暖簾をくぐってこの日入店したのは12時50分過ぎ。ちょうど食べ終わって出てきたお客さんと入れ違うように入店しました。この時間一人で切り盛りしていた男性店員さんにチケットを渡し、店内に流れているニッポン放送のラジオ番組を聴きながら出来上がりを待ちます。店内は厨房を囲むL字型のイスありカウンターがあり、席数は8席。

壁には過去テレビで紹介された際のダイジェスト風写真や雑誌の切り抜き、芸能人のサイン、手描きPOPなどが所狭しと掲げられていて雑然とした感じ。サインで判読できたのはサンドイッチマンのもの。彼らは確か昔、この付近に住んでいたんですよね。

生麺を使用。調味料には鷹の爪も!

カウンターの上には一味、七味、コショーなどの調味料。写真には写っていませんが、鷹の爪タイプの唐辛子もあります。

このお店のウリは生麺。そのため、こんな注意書きも。

そして、待つこと4分で出てきたのがこちら「冷やしきしめん」(550円)。

トッピングは刻みノリ、天かす、わかめ、ねぎ。丼のフチにはわさびが少々。

きしめんはつややか。輝いています。

さて、いただきます。まずはきしめんから。生麺で適度なコシがあり、ツルツルの食感。次につゆをいただくと、やや甘さを感じるカツオ風味。具では刻みノリと天かすがいいアクセントになってくれます。麺の量はそれほど多くなく、食感がいいのでどんどん箸が進み、あっという間に完食。ごちそうさまでした。今度はそばをいただきに来ます。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.6(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都板橋区大山町27-11
◎交通手段:東武東上線「大山駅」から徒歩5分
◎営業時間:11:00~17:00
◎定休日:無休

<近くにある立ち食いそば店>

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告