【カップ麺】ヤマダイ「ニュータッチ 我流麺舞 飛燕」ツルツルの麺とラードの風味が強い塩味のスープ。

ヤマダイの「ニュータッチ 我流麺舞 飛燕」は、札幌にあるラーメン店「我流麺舞 飛燕」のメニューを再現したカップ麺です。

「凄麺」シリーズなどでお馴染みのヤマダイ。今回いただいた「ニュータッチ 我流麺舞 飛燕」は、この会社としては珍しい、お店の味を再現したタイプのカップ麺です。監修した「我流麺舞 飛燕」は、札幌のラーメン激戦区「豊平区中の島」にあるラーメン店。今回はこの店の看板メニューの一つ「我流札幌ラーメン飛塩(焦がしラード風味塩ラーメン)」を再現したとのこと。パッケージは店主が調理中の写真と調理例の写真を組み合わせたデザインとなっています。

早速つくってみる。

フタを開けると入っていたのは「液体スープ」と「かやく」が2種類。

中はこんな感じ。多加水ノンフライ麺です。

さて感想は。

湯戻し時間は5分。時間になったらフタを開けて「液体スープ」を加えれば出来上がり。スープは薄い茶色。彩り的にはやや地味なルックスです。

麺リフト。割と太めです。

さて、いただきます。まずはスープをいただくと、ラードの風味が強い塩味。鶏白湯ベースということですが、魚介系の香りも感じます。一緒に口に入って来たもやしがシャキッとしていていい食感ですね。次に麺。凄麺のものと同タイプだと思われ、ツルツルしていてしっかりとしたコシがあり、中はモチモチ。スープのラードが絡んで、ツルみがいっそう増しています。具はチャーシューと肉そぼろ、もやし、ねぎ、フライドガーリック。このうち存在感があるのがもやし。先ほども触れましたがシャキッとした食感はこの一杯にアクセントを加えてくれます。チャーシューはカップ麺の具でよく見るペラペラタイプではなくて、本格的なチャーシューですが、直径4センチ程度と小さめ。まあ、これはコストの関係でしょうがないですね。とうことで、味わったことのないスープとツルツルの麺を楽しみながら完食。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.2(まあまあ気に入った)

<商品データ>
◎価格:240円(税抜)
◎内容量:129g(めん65g)
◎カロリー:382kcal
◎発売日:2018年3月26日(北海道エリア先行発売)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告