【カップ麺】日清「あっさり少なめカップヌードル」美味しさそのままに内容量・カロリー約25%オフにしたカップヌードル。

日清の「あっさり少なめカップヌードル」は、通常の「カップヌードル」の美味しさはそのままに、内容量とカロリーを約25%少なくしたカップ麺です。感想は「味はほぼ同じ。これぐらいでちょうどいいかも」。

「あっさり少なめカップヌードル」シリーズは、通常の「カップヌードル」と比べ、あっさり味に仕上げるとともに、量を約8割にしたもの。レギュラーサイズでは多すぎる、でもミニでは足りないという女性やシニアがターゲット。今回いただいたスタンダードのカップヌードル味に加え、シーフード、カレーの3種類があります。そしてパッケージも、通常の「カップヌードル」よりキーカラーの色調を抑え、”あっさり少なめ” であることを表現。ピンクが基調のシンプルなデザインとなっています。サイズは通常版に比べるとやや小さいかな…と感じるぐらい。

パッケージに書かれているデータを通常のカップヌードル通常版と比べてみると…。

◎内容量:57g(通常版は77gなので20g少ない)
◎うち麺の量:50g(通常版は65gなので15g少ない)
◎カロリー:263kcal(通常版は353kcalなので90kcal少ない)

といった違いがあります。

早速つくってみる。

フタを開けると中はこんな感じ。具は通常版とほぼ同じですが、やや小さいかなという印象。

さて感想は。

湯戻し時間も通常版と同じ。熱湯を注いで3分後にフタをあけたら出来上がり。

麺リフト。通常版と同じ色とカタチ、そして縮れ具合。

さて、いただきます。まずは麺。カップヌードル独特のペラペラでツルッとした麺で、通常版と全く同じだと思われます。次にスープをいただきます。薄いのかなと思いきや、あのカップヌードルならではのスープで、通常とほとんど違いはわかりません。「あっさりとした味に仕上げている」と言われれば、そうかもな…ぐらい。具材は、味付豚ミンチ、たまご、エビ、味付豚肉、ネギ。すいません。こちらも味の違いがわかりません。ということで普通にカップヌードルを食べている感じで、「小エビ香ばしい!」とか「謎肉とエビを一緒に食べるとウメェ!」などと思いながらすんなり完食。食べる前は「小腹がすいたとき用」かと思っていましたが、満足度も通常版とほぼ同じ。私は量重視のガッツリ派じゃないので、これぐらいでちょうどいいかも。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.8(まあまあ気に入った)

<商品データ>
◎価格:125円(税抜)
◎内容量:57g(麺50g)
◎カロリー:263kcal
◎発売日:2018年4月9日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告