【立ち食いそば】新宿「さ竹 新宿店」店内製粉・店内製麺の十割そばが350円で楽しめる!

新宿の「さ竹 新宿店」は、店内で製粉・製麺した十割そばが350円で楽しめるお店です。

新宿の甲州街道沿い

さ竹」は様々な飲食店を展開する株式会社StyLeが運営するお店。店内製粉、店内製麺の十割そばがウリで、これまた店内製麺の冷麦と180円の生ビールも人気です。現在、この新宿店と恵比寿店の2店があります。

場所は「新宿駅」南口から西新宿方面に徒歩3~4分。甲州街道沿いです。入口左の窓ガラス越しに見えるのは、そば粉を挽く電動石臼製粉機。下の写真では風景が映り込んでよく見えませんが、緑のだるまの下辺り。グルグル回っています。

店の前には写真入りのメニュー立て看板。片方は英語バージョンとなっています。価格はベースとなる「もりそば(十割そば)」が350円。

キャパは20名程度

この日入店したのは11時過ぎ。店を入ってすぐ右手に2台の自動券売機があって、ここで食券を購入して奥の注文カウンターで店員さんに渡し、半券を受け取って空いている席で出来上がりを待つシステム。今回は基本の「もりそば」をチョイス。

店内は入口から奥へと長細いつくり。席は全てカウンターに固定イス付き。入口を入ってすぐのスペースの左壁沿いに6席。その先に注文カウンターがあり、その後ろ辺りに中央がガラスで仕切られた6席のカウンター席。その後ろに3席のカウンター。さらに奥の右壁際に5席のカウンター席。キャパは20名程度ですか。先客は30~40代の男性3名。店員さんはオーダーを担当する女性1名、調理を担当する男性1名の2名体制でした。

カウンター席に座って前を見ると「お得な朝定食」のPOP。11時までの朝メニューで、カレー丼とそばが390円とかお得ですね。

注文を受けてから製麺し、茹でるシステム

そして待つこと9分。結構待ちましたが注文を受けてから製麺して、茹でるのでまあこれぐらいはかかりますか。さらに今回は私の直前のお客さんが丼物をオーダーしていましたし。そして店員さんに呼ばれて受け取ってきたのがこちら。「もりそば」(350円)。

押し出し製麺機によるそばは、平打ち風で角が立っています。

ネギは少なめ。

そば湯が小さい器で一緒に供されるのは嬉しいですね。

さて、いただきます。まずネギを全てつゆに投入し、わさびをちょこっとつけてそばをいただきます。そばはつなぎを使わない「十割そば」ということで、途中で切れており短め。かなり弾力があって噛み応えがあります。つゆはカツオ出汁の香りが豊か。これは化学調味料無添加とのこと。そしてわさびがツンと利いていい感じ。ということで、コシの強い食感を楽しみながら食べ進めてサクッと完食。最後は残ったつゆにそば湯を加え、出汁風味が増したつゆをいただきました。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都新宿区西新宿1-19-4 山本ビル1F
◎交通手段:各線「新宿駅」南口より徒歩3分
◎営業時間:[月~金]8:00~23:00[土・日・祝]10:00~21:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告