【気になる映像】1948年に日本で撮影された映像が高画質過ぎること。

最近気になった映像がこちら。ベルギーの音楽プロデューサー「Boogie Belgique」がPVとして公開したもの。当初はGHQが撮影したものとされていましたが、実はアメリカのハリウッド映画「東京ジョー」(1949年公開)のために1948年に東京で撮影されたスクリーンプロセス用のフィルムであることが判明したということ。つまり、映画用の素材ですね。

ソフト帽にコートという人が多く、とてもおしゃれ。戦後わずか3年なのに思った以上にみんなしっかりとした身なりをしています。印象的な着物姿の女性二人は仕込みでしょうね。

どんな映画なのか気になってYouTubeで見つけたのがこの「東京ジョー」のクリップ。残念ながら室内でのシーンばかりで、上の素材が使われているシーンは確認できませんでした。おおボギー!

出演: ハンフリー・ボガート, 早川雪洲
監督: スチュワート・ヘイスラー

戦後間もない東京を舞台に、8年ぶりに日本へと帰って来た男が何もかも変わってしまった中で自分を取り戻すため悪と闘う様を描いた作品。

とのこと。見たい!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告