【カップ麺】王道を名乗る中華そばは、オーソドックスな醤油ラーメンだった。「新王道の一杯 特製中華そば」

今回はエースコックの「新 王道の一杯 特製中華そば」をご紹介します。

IMGP6915_2

その名は「新王道の一杯」!

えらく大きく出たネーミングの商品ですね。
パッケージの上半分全部を使って、
黒バックに黄金色で「新 王道の一杯」の文字。
その下にはTHE ROYAL RAMEN BOWLという英語名まで。

ニュースリリースによるとこのシリーズは
「昔ながらの王道メニューに鮮度感のあるトレンドを合わせた新ブランド」であり、
その第一弾であるこの商品は「中華そば」という王道メニューに、
トレンドの「鰹」の強いだしをガツンと利かせた味わいが特徴…とのこと。

「王道」と言えばジャイアント馬場さんのプロレスですね。
プロレスらしいプロレス。
全日本プロレスを退団した曙の会社もそんな名前らしいですけど。
さて、どんな味なんでしょう。

早速つくってみる。

フタを開けると液体スープ、後入れ粉末スープ、かやくの3つの小袋。
かやくは焼豚、メンマ、ねぎとまさに中華そばの王道!

IMGP6945_2

麺はエースコックお得意のノンフライ麺です。

IMGP6955_2

お湯を投入し液体スープをフタの上に。

IMGP6968_2

湯戻し時間は4分

そして4分経過。4分経過。4Minutes elapsed。
フタを開けて粉末スープと液体スープを投入してよくかき混ぜて出来上がり。
これが「王道の一杯」ですね。

IMGP7005_2

麺はしなやかな弾力とコシがある丸刃の麺です。

IMGP7025_2

さて、感想は。

うーん、確かにカツオ出汁は利いているんですがガツンとまでは来ません。
身も蓋もない言い方をすれば、
普通に美味しいオーソドックスな醤油ラーメン。

でも例えばカツオ出汁をガツンガツンにして、
あまり極端な味にしてしまうと、それは王道ではなく邪道になってしまいます。
大仁田厚の電流爆破マッチ。キワモノですね。
だから王道と言うのもあながち間違いではないかも。

すなわち、王道に生半可のトレンドを加えたからと言って、
そんなインパクトが大きい商品にはならないということです。
「王道」の難しさ実感させられた一杯でした。

<商品データ>
◎価格:230 円(税抜)
◎内容量:94g(めん 60g)
◎カロリー:331キロカロリー
◎発売日:2015年12月28日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告