【カップ麺】ニュータッチ「新潟 背脂醤油ラーメン」スープが塩っぱ目。刻みタマネギの増量を希望!

ニュータッチ「新潟 背脂醤油ラーメン」は新潟県燕三条地域発祥の背脂チャッチャ系ラーメンをカップ麺化した商品です。濃い目のスープに太麺が特徴です。

imgp5242_2

新潟でゲットしたご当地ラーメン

8月に新潟に行き、現在新潟がマイブームの私。この商品は全国で発売されていますが、イトーヨーカドー丸大新潟店の地下食品売場でお土産として購入したものです。

imgp5262_2

燕三条系背脂醤油ラーメンについては、以下の商品をご紹介した際に書きました。

この商品のフタの裏には以下のような紹介文がプリントされています。

燕三条系背脂醤油ラーメンとは

新潟県のご当地ラーメンとして名高い燕三条系背脂醤油ラーメンの特徴は、煮干ダシの効いた濃いめのスープに、麺はスープに負けない太麺を使用。そして、スープ表面を覆いつくすほそ背脂をのせたラーメンです。地元では、注文時に背脂の量が要望でき、その量により、「小油」<「中油」<「大油」などと区別しているラーメン店もあるのだとか。

さっそく作ってみる。

まずフタを開けると入っていたのは「後入れ液体スープ」「かやく」「チャーシュー」の3つの小袋。

imgp5267_2

麺は太麺。ここに「かやく」と「チャーシュー」を入れて熱湯を注ぎます。

imgp5287_2

5分経ったらフタを開け、「液体スープ」を入れてかき混ぜたら出来上がりです。

imgp5327_2

黄色がかった太麺は背脂が絡んで光っています。

imgp5337_2

さて印象は。

「凄麺」の名に恥じず麺は生麺の食感で麺自体のうまさを感じます。濃い目のスープには一面に背脂が浮いていますが予想していたよりは少なめ。煮干しだしは感じるものの、醤油が強く塩っぱい印象。そのしょっぱさを和らげる存在として刻みタマネギが具材として入っているのですが、量が少なくて食べ進めるにつれて塩っぱさしか感じられなくなってしまいました。もし手元にタマネギがあるなら、すぐさま刻んで加えるとバランスが良くなるかも。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★☆☆☆ 2(う~ん。)

<商品データ>
◎価格:210円(税抜)
◎内容量:122g(めん65g)
◎カロリー:445kcal
◎発売日:2014年10月27日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告