【カップ麺】ペヤング「わかめMAXやきそば」表面にワカメがビッシリで、ビジュアルのインパクトはMAX!

またまたペヤングがやってくれたぞ!!

このペヤング「わかめMAXやきそば」発売のニュースを見たときにそう思いました。「ペヨングソース焼きそば」をはじめ、「ペヤングヌードル」など、今年になってかなりアグレッシブに商品を発売しているまるか食品ですが、まずは見てください!このビジュアル、インパクトあり過ぎでしょ。

imgp0949_2

パッケージの写真は全面ワカメ。コーンやネギらしきものが所々に見えるだけで、やきそばなのに麺は1本も見えません。というわけで先日、近所のセブンイレブンで酔っ払った勢いで早速ゲット。果たしてこの写真はカップ麺にありがちなデフォルメされたのものなのか、それとも実態をありのままに表現したものなのか、実食してみました。

一応、正面上からの写真も撮りました。

imgp0960_2

う~ん、正直言ってあまりうまそうなビジュアルではないですね。「わかめMAX 醤油味」という字もなんだか雑だし…。ヘタウマというよりはヘタクソ。誰が書いたんだろう。まさか有名書道家ってことはないですよね。社長?工場長?開発担当者? <社員A>「社長!この商品のロゴどうしましょう?」<社長>「お前適当に書いとけ」と言った短いやりとりがあったと推察しますよ、私は。

早速つくってみる。

フタを開けて出てきたのは「ソース」と「かやく」。もっと大量のワカメが入っていると予想していましたが、ワカメの量は思ったほど多くはありません。開ける前はこの1.5~2倍ぐらいの小袋を想像していたんで、えっこんなもん?という感じ。

imgp0986_2

このかやくを開封してカップに入れ、熱湯を注ぎます。

さて感想は。

そして3分後、湯切りしてフタを開けたらこんな感じになってました。

imgp1025_2

ちょっと箸で調整したところもありますが、パッケージ写真とほぼ同じになってるじゃないですか。あの量がここまで増えるとは。ふえるワカメちゃん。ワカメの膨張率、恐るべし。こりゃ、みんなインスタやフェイスブックに上げたくなるわけだ。ところどころに赤く見えるのは唐辛子ではなく、レッドベルペパー、つまり赤パプリカですね。味というよりかは、コーンと共に単調なビジュアルに彩りを添える役割を担っているものと思われます。これに醤油味のソースをかけて良くかき混ぜると出来上がりです。

imgp1044_2

麺リフト。ほら!一つまみしただけで、ワカメがこんなに絡みついてきましたよ。色は通常のソース焼きそばに比べるとマイルドなきつね色。

imgp1070_2

味はオーソドックスな醤油味。ワカメとの相性はいいんですが、想定内の味で見た目ほどのインパクトはありません。まあ、こんな味だろうなと思いながら食べ進みましたがちょいと味が単調でした。今思えば、ワカメなんでごま油をプラスすると風味が出たかも。あっ、食べるラー油とかも合いそうですね。なんで食べてる時に思いつかなかったんだろう。でも日頃カップ麺を食べた後は、“ああまた健康にあまり良くなさそうなモノを食べてしまった感”にさいなまれるのですが、これだけワカメがあると“健康に良いものを食べた感”があって、精神衛生的には非常にいいですね。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った!)

<商品データ>
◎価格:175円(税別)
◎内容量:117g
◎カロリー:499kcal
◎発売日:2016年11月7日(コンビニ先行発売)、11月14日(一般発売)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告