【立ち食いそば】岩本町「みのがさ 本店」戸隠のそば粉を使用した生そばが手頃な価格で味わえる!

岩本町の「みのがさ 本店」は戸隠のそば粉を使用した生そばが手頃な価格で楽しめる店です。

「みのがさ」はこの本店から徒歩7~8分の昭和通り沿いに「みのがさ 神田和泉町店」があり、そのお店はすでにこのブログでも紹介しました。

本店となるこのお店の場所は都営新宿線「岩本町」A4出口を出て徒歩30秒ぐらい。東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」4番出口からも徒歩2分程度。下の写真は「岩本町」A4出口からのルート。出てすぐ目に入ってくる「ちばぎん」の赤い看板の右を曲がったところ。

ここにある細い道を矢印方面に進みます。

するとこんな感じで「お弁当 生そば・うどん みのがさ」と白で書いてあるすすけた薄茶色のテント看板が見えてきます。

店の入口には写真入りのメニュー。ベースとなる「もり・かけそば」が320円、「かき揚げそば」が420円、単品で最高値は「からあげそば」「肉そば」「やまかけそば」の520円と非常に良心的な価格。これは近くの会社のビジネスマンやOLさんからも支持されているわけです。店の入口左側にはテイクアウトコーナーがあり、ここでお弁当などが買えるようになっていて、お昼時は行列ができることも。

一番左側の引き戸を開けて店内に入ると、左側に厨房スペースがあり、その手前に注文カウンターが奥まで伸びています、中央部に2名程度と3名程度が立って食べられる島状の立ち食いカウンターがポツポツと二つ。壁際にイス9席があるカウンターがあり、キャパは14名程度。時刻はお昼のピークを過ぎた午後1時過ぎ。先客は30代と40代ぐらいのビジネスマン2名。店内奥にあるテレビではお昼のワイドショーがやっています。

壁には「夜は激安酒場」という貼り紙。ホッピー220円、ホッピー焼酎220円、レモンサワー300円、冷やっこ170円、枝豆270円など、酒&つまみメニューが並んでいます。17時30分から22時30分までは飲めるようですね。

自動券売機はなく、注文カウンターで口頭でオーダーし、精算し、出来上がりを待つシステム。厨房内の店員さんに注文すると「そばを茹でますので1分少々お待ち下さい」と言われます。入口すぐのところに6つぐらい並んでいるウォーターピッチャーからコップに水を注ぎ、壁際カウンターのイスを確保し、出来上がりを待ちます。カウンター上の調味料は七味と醤油。

そして約2分で出てきたのがこちら。かき揚げそば(420円)。

上から。かき揚げの他にネギとワカメがトッピングされています。

そばリフト。やや細目です。

さて、いただきます。カウンター上の箸ケースから黒のリターナブル箸を取り出して、まずそばをひとつかみ。信州・戸隠のそば粉使用のそばは更科系。どちらかというと細目でちょうどいい茹で加減。そしてつゆ。色は濃い目で味もやや濃い目。かつおだしが香り、旨みもあります。かき揚げは揚げ置きでややフンワリ。タマネギが中心でカボチャの切れっ端もあったような気がしますが、これは断言できません。時々ワカメをはさみながら、そば、かき揚げと食べていき、最後はグダグダになった天ぷらの衣と共につゆを飲み干しました。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都千代田区岩本町3-10-5
◎交通手段:「岩本町駅」から徒歩2分
◎営業時間:6:00くらい~

みのがさ 本店そば(蕎麦) / 岩本町駅秋葉原駅神田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告