【居酒屋紹介】青森市「井戸端」焼鳥・焼きとんが1本90円から。駅前でサクッと飲める店!

青森市の「井戸端」は創業50年を超える駅前の居酒屋。焼鳥、焼きとんが1本90円と安く、気軽に飲める店です。

店頭には値段入りメニューがあり、安心して飲める。

場所は青森駅東口から徒歩2分。駅を出て左前方を見るとこんな風景が広がっていますが、赤丸印がこのお店。駅の目の前です。

入口の上と横にはメニューが掲げられています。ドリンクとつまみの値段が明記してあるので安心。良心的な店ですね。私がこの店を選んだのもこのメニューの中に「チューハイ 280円」と書いてあるのを見つけたから。

店は1階から3階まであり、入口すぐ左が階段になっています。食べログによると全部で51席。2階、3階の状況はわかりませんが、1階は中央に2人用テーブルが向かい合わせにつくっついた感じになっており、左右の壁際と厨房前がカウンター席で12席あります。

チューハイやホッピーもあり!

ドリンクメニューはこちら。生ビール中が470円、チューハイ280円、ホッピー390円、焼酎の水割り・お湯割り280円など。日本酒、ウイスキー、ハイボールもあります。

つまみはメインは焼鳥・焼きとんなどの串焼。カシラ・タン・ハツ・ナンコツ・コブクロ・レバーなどの焼きとんがすべて90円。鳥正肉・鳥皮も90円。つくね・トントロ・砂肝・白モツが120円。その他、一品料理もあります。もつ煮込みが名物のようで、これとは別に「創業以来51年間変わらぬ味 もつ煮込み ¥430」と大きく書かれたメニューもありました。

まず頼んだのは「チューハイ」(280円)。

「お通し」(170円)。この日はマカロニサラダ的なものでした。

焼鳥は、まず「鳥皮」と「鳥正肉」を2本ずつタレで。

あまりにも美味かったので、「鳥正肉」を今度は塩で2本追加オーダー。

「野菜サラダ」(360円)は玉ねぎが多め。見えませんが下にトマトが隠れていました。

「タコ唐揚げ」(430円)。噛みしめるとタコの旨みが口の中に広がります。

ツマミの定番「枝豆」(230円)。

開店は午後4時30分!一人でもグループでも楽しめる

外からは店内が見えないので最初は入りづらいかもしれません。でもいったん入ってしまえば居心地がいい! 1階は焼きを担当する方とフロア担当の店員さんの2名体制。タコの唐揚げや野菜サラダなど、焼鳥以外のツマミは2階から運ばれてきます。この日は土曜日の午後5時半過ぎだったんですが、一人飲みを楽しむ方、2~3人でワイワイ飲んでいる人たちなどで賑わっていました。刺身などはないので、青森の新鮮な魚介類を楽しみたい方には向いていませんが、駅近でサクッと飲みたい方にはオススメの店です。開店が午後4時30分と一般的な居酒屋より30分早いのもポイントが高い。私は大いに気に入って、3日間の滞在中に、定休日の日曜を除いて2回行きました。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:青森県青森市安方1-3-24
◎交通手段:「青森駅」から徒歩2分
◎営業時間:[月~木・土]16:30~23:00 [金]16:30~24:00
◎定休日:日曜・祝日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告