【立ち食いそば】橋本「めん処 一ぷく 橋本店」JR橋本駅のホームからも外からも利用できる!

めん処 ぷく(いっぷく) 橋本店」は、JR横浜線「橋本駅」の駅ビル1階にある立ち食いそば店。駅内外から利用できるようになっていて、使い勝手がいい“駅そば”です。

運営はジェイアール東日本都市開発

「めん処一ぷく」は、JR系ですが運営母体はJR駅構内に多数の店舗を展開する「NRE(株式会社日本レストランエンタプライズ)」ではなく、株式会社ジェイアール東日本都市開発という会社。この橋本店のほか、武蔵野線の「北朝霞駅」と「新座駅」、「吉川駅」にあります。かなりシブい駅ばかりですね。そのうち北朝霞店はこのブログでも紹介しました。

場所はJR横浜線「橋本駅」改札から徒歩1分程度。駅ビル「味の食彩舘はしもと」の1階です。下の写真では赤の矢印方向に15メートルぐらい進み、左の階段を降りて20メートルぐらい。

店内は中央に8席×2のカウンター席があり、真ん中に仕切りがあり、通り抜けできないようになっています。

というのも、反対側にも入口があってJR橋本駅1番線ホームからも入れるから。

その他、立ち食いカウンターもあり、ホーム側は3名程度、駅の外側は6名程度が立ち食い可能。合わせるとキャパは25名程度です。ホーム側・駅の外側共に入口入ってすぐに自動券売機があり、ここでチケットを買って、注文カウンターで店員さんに渡してオーダーするシステム。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が290円で、「天ぷらそば・うどん」が390円。で、いま店舗紹介サイトを見たところ、「おすすめはカツカレー410円!店内で一枚一枚丁寧に揚げたカツに、食欲をそそるスパイシーなカレーをのせました。」とのこと。そば・うどんじゃないんですか…。

明るくて賑やかな店内

今回は駅の外側の入口から入り、すぐ右手にある券売機でチケットを購入。左手にある注文カウンターで「そば」を指定し、近くにあったウォーターピッチャーでコップに水を入れて立ち食いカウンターで出来上がりを待ちます。先客は20代の女性が一人。私のすぐ後に50代ぐらいの男性が入って来ました。出来がりを待ちながらカウンター上を見ると、箸、つまようじ、紙ナプキン。調味料はシンプルに七味のみ。

店内のあちこちに写真入りおすすめメニューの貼り紙があり、また季節柄ハロウィン風の飾り付けなんかもあってなんか賑やかな雰囲気。

そして約2分で呼ばれて受け取ったのがこちら。「きつねそば」(350円)。

上から。揚げは20センチ×8センチぐらいのビッグサイズ。

まずはそばから。やや柔らか目ですが駅そばとしては標準以上じゃないでしょうか。NRE系で言えば「大江戸そば」と「いろり庵きらく」の中間ぐらい。つゆはカツオ出汁が香り、尖った感じがないまろやかな味わい。でっかい揚げは噛みしめると甘さが口の中に広がります。途中ネギのシャキシャキとした食感をアクセントとして楽しみつつ完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.4(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:神奈川県相模原市緑区橋本6-1-24 味の食彩舘はしもと1F
◎交通手段:JR横浜線「橋本駅」ホーム内外
◎営業時間:[平日]6:30~21:00 [土・日・祝]7:00~20:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告