【立ち食いそば】新松田「名代 箱根そば 新松田店」新松田駅改札出てすぐ!安心の箱根そばクオリティ。

名代 箱根そば 新松田店」は、小田急小田原線「新松田駅」の改札外にある立ち食いそば店です。

小田急小田原線「新松田駅」北口改札を出てすぐ

「名代 箱根そば」は、2018年2月現在で小田急線沿線を中心に直営店43店舗を展開しています。直営店としては過去に以下の4店をご紹介しました。

新松田店の場所は小田急小田原線「新松田駅」北口改札を出てすぐ。駅構内の北口改札へと向かう階段の上にもこのように「改札出てすぐ」と書かれた案内が出ています。

新松田駅との距離関係はこんな感じ。改札を出て歩いて30秒もかかりません。

入口横に箱根そばではおなじみのサンプルケース。

そしてその上には料金入りのおしながき。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が280円、「かき揚げ天そば・うどん」が390円。

カウンター、テーブル席などキャパは20名程度

この日入店したのは午前11時35分。店の入口を入ってすぐ左手に自動券売機。ここで食券を購入して、左手前の「ご注文口」で店員さんに食券を渡し、そばかうどんを指定。出来が上がりを待つシステムですね。注文口の横には揚げ置きの天ぷらを並べた天ぷらケース。その横は給水器となっています。

店員さんに食券を渡し、出来上がりまでその手前のカウンターで待ちます。カウンター上にはリターナブルタイプの箸、ナプキン、爪楊枝、そして調味料は七味。

店内は横に長いつくりになっており、注文カウンター後ろの窓際が約5名が立ち食いできるカウンター、店の左半分がテーブル席10席と窓際がイスありカウンター5席程度で、合わせるとキャパはおよそ20名程度。ちょうどお昼時とあって店内は8割の入り。客層は老若男女幅広いですが、年配の女性が多い印象を受けました。そして待つこと2分で呼ばれ、注文口で受け取ってきたのはこちら「かき揚げそば」(390円)。

上から。トッピングされているのはかき揚げのほか、わかめとネギ。

そばリフト。色白で心持ち細目のそばです。

いつも通りの箱根そばクオリティ。なんか気の利いた感想を言いたいところですけど、このチェーン店は店による味のブレが少なく、いつも通りとしか言いようがありません。違うことと言えば、地理的に箱根が近いので、四谷や秋葉で食べるより「箱根感」が強いぐらいですかね。「おお、オレは今箱根の近くで箱根そばを食べてるんだ」という。で、そばは生そば。かき揚げはタマネギとニンジンに青いのは春菊の切れっ端。揚げ置きですが、サクサク感は残っています。つゆはかつお出汁がきいた塩っぱすぎない優しい味でした。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆  3.5(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:神奈川県足柄上郡松田町松田惣領1356
◎交通手段:小田急小田原線「新松田駅」北口から30秒
◎営業時間:6:30~20:00
◎定休日:年中無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告