【立ち食いそば】飯田橋「名代 富士そば 飯田橋店」2階席もあり!飯田橋交差点角にある富士そば。

名代 富士そば 飯田橋店」は飯田橋駅からすぐ。茹でたての生そばが24時間楽しめます。

外堀通りと大久保通りが交差する飯田橋交差点角

首都圏を中心に約130店舗を展開する「名代 富士そば」。このブログではこれまで以下の店舗を紹介しています。

今回ご紹介する「飯田橋店」の場所は、外堀通りと大久保通りが交差する飯田橋交差点角。「飯田橋駅」のB1出口を出て左手方向に徒歩20秒程度です。

かけそば300円、天ぷらそば410円

店の入口左に自動券売機があり、ここで食券を購入して店に入り、店員さんに渡してオーダーするシステム。なお、この自販機はPASMOやSuicaなど交通系ICカードも使えます。

価格はベースとなる「かけそば・うどん」が300円で、「天ぷらそば・うどん」が410円。

1階のカウンター席の他に2階席もあり

この日入店したのは11時50分過ぎ。富士そばの中では、どちらかというとこじんまりとした店ですね。店内は1階が厨房を囲む7席のL字型カウンター。そして2階席もあるようです。ちょうどお昼時とあって1階カウンター席はほぼ埋まっていましたが、1席だけ空いていたのでそこに着席。店員さんに食券を渡し、そばを指定します。この時間、店員さんは3名体制。コントロールタワー的存在のベテラン風男性、主に調理を担当する20代の若い店員さん、フロアを仕切るおばちゃん。この3人が絶妙なチームワークで次々と入るオーダーをテキパキとさばいていきます。途中、ベテラン男性が「さっき富士山もりを頼んだ女性のお客さん、しっかり完食されたねぇ」とおばちゃんに振ると「そうそう、きれいに食べて行かれたわねぇ」と返すなど、店員さん同士しっかりとコミュニケーションが取れていていい雰囲気。そんなやり取りを聞きながら待っている間もお客さんが続々と入店してきて、「お2階へどうぞ~」というおばちゃんの声に促されて階段を上っていきます。そして待つこと約3分出てきたのがこちら。「冷やしオクラとろろそば」(450円)。

オクラ、とろろともに結構たっぷり目。ワサビも多めで嬉しいですね。

さて、いただきます。まずはそばから。わさびを絡めていただくと、いつもの富士そばクオリティ。しっかりとコシがあってのど越しもいいです。そしてつゆ。レンゲですくっていただくと、カツオ出汁が香り、こちらもいつもの富士そばクオリティ。トッピングはオクラととろろ、わかめ、そして花かつお。まずはその一つひとつを楽しんでから、最後はグシャグシャッっと全部をかき混ぜていただき完食。さっぱりと満足の一杯でした。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都新宿区揚場町1-15
◎交通手段:「飯田橋駅」B1出口から徒歩20秒
◎営業時間:24時間営業(午前3時より45分間閉店)
◎定休日:年中無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告