【居酒屋紹介・昼間から飲める店】仙台「立ち呑み処 五橋」毎日11時半オープン!自販機チケット式の立ち呑み店。

仙台の「立ち呑み処 五橋」は、11時半からオープンしている立ち呑み店。自販機でチケットを買って気軽に飲めます。

「杜の都 五橋横丁」の中の一店

場所はJR「仙台駅」直結のホテルメトロポリタン前の南6出口から徒歩3~4分。東北本線・新幹線の線路沿いに伸びる五番丁通り沿い。全長約50メートルほどの数寄屋造りの建物の中にある「杜の都 五橋横丁(いつつばしよこちょう)」という飲食施設の中の一軒です。

ここには牛タンや中華そば、焼き鳥、串揚げなどが味わえる5店舗が軒を連ねており、この「立ち呑み処 五橋」はその真ん中のお店。

自動券売機で食券を買って店内へ!

入口へと向かう階段の手前の壁に、このようにドリンクメニューとつまみメニューが書かれた看板が掲げてあります。

これはその左横の自動券売機と対応した並びとなっており、自販機でドリンクとつまみのチケットを購入し、その先の入口を入り、店員さんに渡してオーダーするシステムです。

立ち呑みカウンターのみでキャパは14~16名

この日入店したのは13時30分頃。平日の昼過ぎということもあり、先客はいませんでした。入口を入ってすぐ右、タイルづくりの仕切り壁のところで店員さんにチケットを渡してオーダーします。ちなみに下の写真のタイル壁の向こうには「もつ煮込み」を煮込んでいる釜がありました。店はオープンして1年ちょいとまだ新しいこともあり店内はピカピカ。壁に沿うような形で光沢のある赤茶色の木製風立ち呑みカウンターが伸びていて、ここで8~9人が立ち呑みできそう。

そしてフロア中央には4~5人が立ち呑みできるカウンター。

この他に店外の入口左側に2人ぐらい立ち呑みできるカウンターがあります。合わせるとキャパはだいたい14~16名。

のんびり一人飲みが楽しめる

酎ハイサワーはいくつか種類があるので、券を渡す時に「レモン」を指定しました。数分後、店員さんが持って来てくれたのがこちら。「酎ハイサワー レモン」(290円)。柿の種付き。

つまみはまずは「マグロぶつ」(290円)。3~4センチ角と大きめで嬉しい。

その2分後ぐらいに「枝豆」(100円)が到着。茹でたてでした。

店内にはブルースが流れています。それを聞きながら一人のんびりと飲む酒もいいですね。店員さんは仕込みに忙しく、ほっといてくれるので楽。「マグロぶつ」もうまいし。ということで、「酎ハイサワー レモン」を2杯飲んで約40分ぐらい、昼のみを楽しませていただきました。ごちそうさまです。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:宮城県仙台市青葉区中央1-1-8
◎交通手段:JR「仙台駅」ホテルメトロポリタン前(南6出口)から徒歩3~4分
◎営業時間:11:00~23:00
◎定休日:12月31日・1月1日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告