【立ち食いそば】志村三丁目「石かわ」ご夫婦で切り盛り!環八沿いのドライバーさん御用達のそば・うどん店。

志村三丁目の「石かわ」は、環八沿いにあり、ドライバーさん御用達のそば・うどん店です。

「志村三丁目駅」から7~8分の環八沿い

場所は都営三田線「志村三丁目駅」から徒歩7~8分程度。環八沿いです。「志村三丁目駅」の改札を出て右に行くとすぐに立ち食いそば店「文殊 志村三丁目店」がありますので、その前を通過し、次の角で右折します。

そして3分ぐらい歩くと環八にぶつかりますから、その角(ホンダのディーラー)を左折。環八に沿って3分ぐらい歩くと東京靴流通センターという靴の量販店の赤い看板が見えてきますので、その先の信号↓を渡ったところ。

「そば・うどん」と赤い文字で書かれている黄色い看板とテントが目印です。

かけそば270円、天ぷらそば370円

入口横にはメニューが貼ってあります。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が270円で、「天ぷらそば・うどん」が370円。なお、天ぷらはかき揚げ、春菊天、なす天、げそ天の4種類があるようです。また「カレーライス」(430円)や「かやくご飯セット」(500円)とか「とろろご飯セット」(500円)など、ご飯モノもあります。

直線カウンター7席

押すと開く方式の自動ドアを開け、この日入店したのは13時過ぎ。「いらっしゃいませ~」と60代ぐらいのご夫婦(だと思う)に出迎えていただきます。どうやらお二人で店を切り盛りされている模様です。先客は60代ぐらいの男性が二人。店内は厨房前の直線カウンター7席。空いていた入口正面の席に腰を下ろし、「天ぷらそばをお願いします」と口頭でオーダーします。店内を見回すと、カウンターの右はじっこにはテレビが2台。上の棚にあるのはブラウン管式のテレビで、外の環八を走る車の様子が映っています。どうやらこれはお店の外に設置してある監視カメラ(あるいは防犯カメラ)の映像のよう。その下には小型の液晶テレビがあり、お昼のワイドショーがやっています。

出来上がりを待ちながら、何で監視カメラの映像が店内に映されているのか考えます。あくまでも私の推測ですが、環八沿いという場所柄、タクシーの運転手さんとかドライバーさんなど、車を店の前に止めてこの店に食べに来る人が多いんじゃないかと。そんなお客さんが外の自分の車の様子を常に把握できるよう配慮してるんのでは?というのが私の結論。

天ぷらは「かき揚げ」をチョイス

そして待つこと約3分、「天ぷらは何にします」とおかみさんに聞かれたので「かき揚げを!」とお願いし、出てきたのがこちら。「天ぷら(かき揚げ)そば」(370円)。

かき揚げのほか、ネギとワカメがトッピングされています。

さて、いただきます。まずはそば。柔らかな茹麺タイプです。そしてつゆをいただくと、あっさり目ですね。塩分も控え目っぽくて体に良さそうな感じ。かき揚げは玉ねぎを中心に、人参と小エビが入っていてなかなかのボリューム。揚げ置きですが、サクッとした食感はまだ残っています。ワカメ、ネギも楽しみつつ食べ進めると、最初はやや物足りないと思っていたつゆが、慣れたせいなのか、これはこれでいいかも、と思うようになってきました。というわけで完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都板橋区志村3-18-10 メゾンヤマグチ1F
◎交通手段:都営三田線「志村三丁目駅」から徒歩7~8分
◎営業時間:6:30~18:00
◎定休日:土、日、祝日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告