【カップ麺】三養食品「 ブルダック炒め麺 カップ」辛いというより“痛い”!ノックアウト必至のハンパない辛さ。

今回いただいたのは三養食品(サムヤン)の「 ブルダック炒め麺 カップ」。いや、これは間違いなく自分史上最辛! これまで食べた激辛カップ麺とはレベルが違いました。食べるときにはヨーグルトとか牛乳、玉子を用意するなど、注意が必要です。

まずは見た目など。

ブルダッグとは「火の鶏」という意味。韓国の人気料理「激辛汁なし麺」のことです。パッケージは黒がベースで赤と黄色がポイントとして使われています。脱力系のチキンのキャラクターがあしらわれていて、お子様向けかなと思うルックス。辛さにぶっ飛んでいるようなカットもありますが、漫画チックなんであまり辛そうには見えません。

早速つくってみる。

フタを開けると入っていたのは「液体スープ」と「かやく」の二つの小袋。

中はこんな感じ。中太の油揚げ麺です。

熱湯を注いで4分後、フタ上部の「湯切り口」と書いてある三角形(丸で囲んだところ)を箸で押して開け、湯切りをします。

さて感想は。

「液体スープ」を加えてよくかき混ぜて、最後に「かやく」の刻みのりとゴマを振りかければ出来上がり。

麺リフト。適度な縮れがあります。

さて、いただきます。液体スープをまとってオレンジ色になった麺を口に運びます。韓国の麺らしく、しっかりした弾力とコシがあり、噛むとチキン系の旨味を感じます。そして次の瞬間、突き刺すような強烈な辛さが襲ってきます。とはいえ、まだ一口目ですからこれぐらいなら大丈夫。ということで二口、三口と食べたところで箸がピタリと止まりました。口の中がヒリヒリするのです。そしてその痛みが1秒ごとに増していくのです。そして早くも額からじんわりとにじみ出てくる汗…。いや、いや、こんなところでやめるわけにはいきません。最初に感じた旨味を追求せねばと思い、しばらくして意を決してもう一口。辛い、でも何かうまい。しかしその後また箸がストップ。で、30秒後に意を決してまた一口。そんなことを繰り返してようやく完食。食べる前はカップの底から3分の1ぐらいまでしかない麺を見て、これっぽっちしかないのか、と思っていましたが、食べ終えたときは、これぐらいで良かったとホッと一息。わずか50gの麺に10分ぐらいかかったでしょうか。しかし食べ終わってからが大変でした。口の中のヒリヒリが収まらない。というより痛みはどんどん増してきます。なんとかしようと冷たい麦茶を飲みますが、2~3杯飲んだぐらいではヒリヒリは収まりません。しょうがないので洗面所に駆け込み水で口の中をゆすぎます。でもまだ痛い…。お茶や水では無理ですね。牛乳とかヨーグルトがあればよかったかも。いや、チーズとか生卵を落として食べればよかった、と込み上げてくる後悔。そして30分以上経ってようやく落ち着いてきました。辛いものが好きで、これまで「激辛」をウリとするカップ麺をいくつか食べてきました。

しかし、それらとは異次元の辛さ。ごちそうさまでした。ヒィ~。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った)

<商品データ>
◎価格:180円程度
◎内容量:70g(めんg)
◎カロリー:280kcal

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告