【立ち食いそば】赤坂見附「名代 富士そば 赤坂見附店」赤坂見附駅からすぐ!紅生姜天はサクサクタイプ。

名代 富士そば 赤坂見附店」は赤坂見附駅からすぐ。24時間・365日茹でたての生そばが楽しめるお店です。

「赤坂見附駅」を出て徒歩1分弱。

場所は東京メトロ「赤坂見附駅」10番出口を出て徒歩1分弱。地下鉄駅から10番出口に出る階段を上ったら右にあるコージーコーナーの並びです。

この店から徒歩2分ぐらいにはこの店がありますね。

店の入口右横と店内入ってすぐ左手にPASMO・Suica対応の自動券売機があり、どちらかで食券を購入して注文カウンターで店員さんに渡してオーダーするシステム。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が300円で、「天ぷらそば・うどん」が410円。最上段左のイチオシメニューは「赤富士」になっていました。

キャパは18名程度。

この日入店したのは午後3時頃。店内は壁沿いに8人ぐらいが立ち食いできる立ち食いカウンターと、入口左と窓際にイスありのカウンター席が10席で、キャパは18名程度。外から見たときは左右に長いので広いのかと思っていましたが、奥が浅く予想よりはコンパクトなつくりですね。午後3時という中途半端な時間ということで先客は4名。30~40代の会社員風男性一人客が2名と30歳前後の男女二人組が一組。食券を店員さんに渡して立ち食いカウンターで店内に流れる演歌を聴きながら出来上がりを待ちます。大理石調のカウンターの上をチェックすると所々にそば湯を入れたポット。

そして小さなステンレス製のトレイの上に七味と特撰丸大豆醤油といった調味料。

紅生姜天はサクサクタイプ。

待つこと2分ぐらいで呼ばれて受け取って来たのがこちら。「紅生姜天そば」(410円)。

上から。紅生姜天の他、ワカメとネギが入っています。

さて、いただきます。まずはそばから。生そばでしっかりとコシがあり、すすり心地もなかなか。つゆはいつもの富士そばクオリティ。カツオ出汁の風味がふんわり香ります。そして特徴的だったのが紅生姜天。こんがりきつね色で紅生姜は千切りしたタイプ。最初はサクサクの食感ですが、食べていくにつれて、みるみるつゆに溶けていきます。そして半分ぐらい食べ進めた頃にはすっかりつゆに溶けてグズグズ状態に。さらに衣がはがれた紅生姜の辛さが直接つゆに染み出し、心持ちつゆもピリ辛になった感じ。そんな中でワカメは食感、味共にいいアクセントになってくれます。最後はつゆをたっぷり吸った天かすと共につゆを飲み干して完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.4(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都港区赤坂3-9-8 篠原ビル
◎交通手段:地下鉄「赤坂見附駅」から徒歩1分
◎営業時間:24時間営業
◎定休日:年中無休

<これまで紹介した富士そば>
首都圏を中心に約130店舗を展開する「名代 富士そば」。このブログではこれまで以下の店舗を紹介しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告