【立ち食いそば】銀座「小粋そば 銀座四丁目店」日本を代表する繁華街・銀座のど真ん中に生き残る貴重な路麺店!

小粋そば 銀座四丁目店」は、銀座のど真ん中にある路麺そば店。このロケーションにあって、ワンコイン以内でサクッとそばがいただける貴重なお店です。

銀座駅B2・B4出口を出て1分弱。

2015年の8~9月頃、「せんねんそば」が突如名前を変更して誕生した「小粋そば」。現在、浅草、稲荷町、岩本町、三ノ輪、銀座四丁目などに店舗を展開しています。このブログでは以下のお店を紹介しました。

今回ご紹介する「銀座四丁目店」は東京、いや日本を代表する繁華街・銀座の中でも中心部と言われる銀座四丁目にあります。地下鉄「銀座駅」のB2もしくはB4出口から徒歩1分弱。晴海通り沿いにあるグッチ銀座の角を曲がり、歩くこと40メートル程度、向かいはビームス銀座などおしゃれな店だらけ。ちなみにこの通りをあと20メートルぐらい進み角を左折したところにあるのがこのお店。

キャパは13~14名。

手動式のドアを開けて店に入ったのは11時25分頃。すぐ右手に自動券売機があります。しかし「故障中 現金で受付しております。」という手書きの貼り紙。ということで、正面の注文コーナーで口頭で店員さんに注文するようです。注文コーナーがあるところは、厨房を囲むL字型カウンターになっていますが、カウンターの上にはトレイやら水、そば湯、割り箸などが置かれていて、立ち食いスペースではありません。客席は入口から入って左右の壁際カウンターで、右側が5席、左側が6席。奥の壁際にも2~3人が立ち食いできるカウンターがありますから、キャパは13~14名といったところでしょうか。先客は20~30代の男性3名。店員さんに口頭で注文し、入口寄りのカウンター席で出来上がりを待ちます。カウンターの上をチェックすると醤油、七味、ソース。

箸箱には日本語の他、英語、中国語、韓国語でセルフサービスである旨が書かれた紙が貼り付けてあります。さすが日本を代表する観光名所ということで、客層もインターナショナルであることを伺わせます。なお、価格はベースとなる「かけそば」が280円で、「野菜かき揚げそば」が380円。

銀座にいることを一瞬忘れてしまう空間。

そして待つこと約3分で呼ばれて、いただいたてきたのがこちら。「ゲソかき揚げそば」(420円)。

上から。トッピングはゲソかき揚げにネギ。

さて、いただきます。まずはそばから。そばは生そば。今回は茹でたてをいただけたようで、しなやかなコシがあり、のど越しもいいです。次につゆをいただくとカツオ出汁香るまずまずの味わい。次に「ゲソかき揚げ」。ゲソ100パーセントの「ゲソ天」ではなく、玉ねぎや人参などの野菜にゲソをプラスして揚げたもの。ゲソをガッツリいただきたい方には物足りないかもしれませんが、ゲソだけじゃなくて玉ねぎなどいろんな味と食感が楽しめるのでプチお得感も…。しかし、ここに来たのは実に6~7年ぶり。最後に来た時はまだ「せんねんそば」でした。店内は当時よりさらに年季が入り、自販機はブッ壊れていて、壁には写真入りメニューがベタベタと貼ってあります。場末感がハンパなくて一瞬自分が銀座にいることを忘れてしまいます。いや、おしゃれで気取った店なんかより、こんな雰囲気の方が遙かに好きなんで全く問題ありません。それどころか、こんな日本の一等地でよくぞ長年にわたって生き残ってくれていて、立ち食いそばファンとしては感謝しかありません。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都中央区銀座4-3-5 ハトリビル 1F
◎交通手段:東京メトロ各線「銀座駅」B2・B4出口から徒歩1分弱

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告