【カップ麺】農心ジャパン「うまからっ プデチゲラーメン ビッグカップ」辛さの中にコクと旨味が溶け込んだスープはさすが本場!

農心ジャパンの「うまからっ プデチゲラーメン ビッグカップ」は、韓国の農心が発売している商品を日本向けにパッケージしたカップ麺。コンビニやイオン系のお店で販売しています。

まずは見た目など。

プデチゲとは韓国の鍋の一種で、漢字で書くと「部隊チゲ」。確か、韓国軍部隊の若い兵士たちが、キムチチゲにインスタントラーメンの麺やソーセージやスパムを入れて食べ始めたのが発祥だと聞いています。パッケージには次のような説明が書かれています。

[プデチゲとは]
韓国の鍋の一種。肉、野菜、豆腐などといった一般的なチゲの材料と共に、ソーセージ、スパム、インスタントラーメンなどの食材を辛味のスープで煮込んだ、大衆的鍋料理である。

パッケージは、赤とオレンジ色のツートーンカラーとなっていて、フタとボディには鍋の中でグツグツと煮えたぎった真っ赤なスープから麺をリフトしている調理例写真が配されています。

早速つくってみる。

フタを開けると入っていたのは「粉末スープ」。日本語の商品名が入ったカップのイラストが印刷されいて、なかなか手が込んでいますね。

中はこんな感じ。しっかりと縮れのある麺と共に、キムチや餅(トック)などあらかじめ具材が入っています。

さて感想は。

熱湯を注ぎ5分後にフタを開け、粉末スープを入れて良くかき混ぜたら出来上がり。

麺リフト。細い麺が3本つながったみたいな独自の溝あり太麺です。

さて、いただきます。まずはこの面白い形の溝あり太麺からいただきましょう。表面はツルッとしていてもっちりと噛み応えがある油麺。溝があるせいで、スープの絡みもいいですね。そしてスープ。食べる前は粉末スープだけでどれほど深みを表現できるんだろうと思っていましたが、しっかりとした辛さの中にコクとかソーセージの旨味が溶け込んでいて、さすが本場の製品!飲むとまたすぐに一口飲みたくなるスープです。かやくはキムチ、餅(トック)、かまぼこ、チンゲンサイ。プデチゲの具と言えばソーセージとかスパムですが、コストの関係なのか入っておらず、かまぼこで代用した格好でややもの足らず。キムチも少なめでそれほど存在感はありませんでしたが、トックの独特の食感はいいアクセントになってくれました。麺が変わった形状なのでジャンクなスナック菓子のような印象もありましたが、スープの旨さに引っ張られてどんどん箸が進み完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.8(気に入った)

<商品データ>
◎価格:216円(税込)
◎内容量:92g(めん74g)
◎カロリー:400kcal
◎発売日:2018年11月6日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告