【立ち食いそば】新宿「とらそば」歌舞伎町の一角にある路麺店。かけそば350円、かき揚げそば450円。

とらそば」は新宿の繁華街・歌舞伎町にある路麺そば店。このロケーションにあって、かけそばが350円、かき揚げそば450円とリーズナブルな値段でそばが楽しめます。

靖国通り沿いの歌舞伎町

場所は各線「新宿駅」西口から徒歩3~6分の歌舞伎町の一角にあります。靖国通り沿いで、通りを挟んだ先にはドン・キホーテ。達筆の毛筆調で「とらそば」と書かれた大きな白い看板が目印です。なお、2階は同系列のお好み焼き店「とらぢゅう」になっています。

靖国通り沿いの入口を入ってすぐ正面に自販機が2台並んでいます。ここで食券を買って注文カウンターで店員さんに渡してオーダーするシステムです。なお、反対側の出入口を入ってすぐにも自販機が1台あります。自販機は左半分が温かいそば・うどん、右半分が冷たいそば・うどん。冷たい方の表示が「COLD」ではなく「COOL」となっていますね。クール!

価格はベースとなる「かけそば」が350円で、「かき揚げそば」が450円。珍しいメニューとしては「サーロインステーキ」(1680円)があります。

ゆったり明るい店内!キャパは52名

この日入店したのは11時15分頃。昼のピーク時のちょい前という微妙に時間だったせいか、先客は30~40代ぐらいの男性2名でした。店内は予想以上に広く、テーブルとテーブルの間も余裕があってゆったりしています。壁は白で明るいイメージ。そして天井には「祭」と書かれた提灯。場所柄、外国人観光客も多そうなので、日本らしさを強調するディスプレイでしょうか。そして奥のテーブル席は女性専用コーナーとなっています。

靖国通り沿いの入口を入ってすぐに5席×2、6席×2の直線カウンターが2列。その奥のフロア部分がテーブル席になっており、4人用テーブルが4卓、5人用丸テーブルが2卓、女性コーナーが2人用テーブルが2卓。合わせるとキャパは52名。下の写真の左に見えるのが靖国通りとは反対の出入口です。

壁には「とんこつラーメン」の写真入りの大きな看板。替玉またはライス一杯無料で500円。その下には店内で実況しながらのライブ配信は禁止との注意書き。

テーブルの上をチェックすると、調味料は七味とごま。割箸と楊枝。

存在感タップリのかき揚げ

待つこと2分ちょいで呼ばれていただいたのがこちら。「かき揚げそば」(450円)。

目を引くのが丼からはみ出ている存在感たっぷりのかき揚げ。丸くしようといった意図はみじんも感じられず、「気の向くままに揚げました」といった自由奔放なカタチ。

さて、いただきます。まずは七味とゴマを2~3振り。で、そばをいただくと、生そばだと思いますが茹ですぎみたいで柔らか目。つゆは若干薄目ですね。出汁の香りはせずあっさりとしています。かき揚げはほぼ玉ねぎ。揚げ置きでやや固めですが、温かいそばの場合、つゆに浸しておけば柔らかくなってくるのでこれに関しては問題ありません。そして、ちょこっと入っているほうれん草はサクッと一口でいただきました。ということで食べ進めるに連れてかき揚げがつゆを吸って柔らかくなっていくのを楽しみながら完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.2(まあまあ)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都新宿区歌舞伎町1-17-13 新宿ピックペックビル1F
◎交通手段:各線「新宿線」から徒歩3~6分
◎営業時間:6:00~23:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告