【立ち食いそば】西新橋「蕎麦 さだはる 西新橋店」本格そばが立ち食い価格で楽しめる!夜は立ち呑み屋に変身。

西新橋の「蕎麦 さだはる 西新橋店」は、本格的なそばが立ち食いそば店価格で楽しめる店。夕方からの営業は立ち呑み屋としても利用できます。

内幸町駅から徒歩5分

場所は地下鉄「内幸町駅」から徒歩5分。「新橋」からですと虎ノ門方面に10分弱。日比谷通り、外堀通りから少し入ったところ。日比谷通りの八洲電機本社がある西新橋二丁目交差点から御成門・芝方面に数十メートル歩き、セブンイレブンのあるビルの横の細い道を40~50メートルぐらい行ったところ。店のはす向かいにはアパホテルがあります。店名が書かれた木の看板、赤くペイントされた窓枠、赤ちょうちんが目印です。

赤い格子戸の扉の右側に小型の自動券売機があって、ここで食券を購入して入店し、正面の受け渡し口で店員さんに渡してオーダーするシステム。

価格はベースとなる「ざるそば」が400円で、「天ざる」「天ぷらそば」が530円。その他、「田舎そば」(400円)、「乱切りそば」(520円)、「牛そば(」610円)、「山かけ納豆そば」(510円)、「漁師そば」(560円)、「南蛮豚」(510円)、「鶏そば」(630円)など。いやぁ、どれもこれも魅力的なメニューですね。

薬味はセルフ。温玉か生玉子1個無料サービス

この入店したのは14時過ぎ。先客は30代~40代の男性が3名でした。受け渡し口で店員さんに食券を渡してその場で出来上がりを待ちます。受け渡し口にはワカメ、揚げ玉、おろし、ねぎなどの薬味が四角い金属トレイに入れられて並んでおり、これらをセルフで取る方式。ただし、取り放題ではなくて、一人ひとつかみ(ひとすくい)という注意書きがあります。また、温玉か生玉子いずれか一個が無料サービス!店内は窓側から壁側、厨房前へと続く変形コの字型の立ち食いカウンターで、10名程度が立ち食いできる感じ。ただし窓側はカウンターではなく同じ高さのテーブルを2卓並べてカウンターみたいにしています。食べログなどの写真を見ると、夜の飲みタイムにはフロア中央にいくつか立ち呑みカウンターが置かれるようですね。そう言えば店の外に夜用のカウンターテーブルやイスが積んでありました。カウンターの上の調味料は茶筒みたいなのに入った七味のみ。その他の調味料は注文口横にまとめて置いてあります。

弾力がありコシがある田舎そば

注文口前で待つこと3分弱で、出来上がっていただいてきたのがこちら。「田舎ざる」(400円)。温玉と、薬味はおろしとネギをチョイスしました。

田舎そばということで、もっと無骨なルックスを予想していましたが、太めですが、色白で美しいですね。

さらにアップ。ツヤツヤと輝いていてみずみずしい!しっかりとエッジが立っています。

さて、いただきます。まず適量のネギとおろしをつゆに投入。箸で一つかみしたそばをそのつゆにくぐらせていただくと、おお、これは弾力がありしっかりした歯ごたえ。コシが強くいい感じのすすり心地です。つゆはほんのりとした甘さも感じますね。それにしても、そばがうまいので箸が進みます。ということでサクッと完食。と思ったら温玉が残っていました。余ったつゆに入れていただきます。そして最後は少しドロッとしたそば湯を加えて飲み干して今度こそ完食。ごちそうさまでした。次回は隣の方が食べていてうまそうだった「乱切りそば」をいただいてみたいですね。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.8(気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都港区西新橋2-9-3 クレビル 1F
◎交通手段:JR「新橋駅」西口徒歩10分、地下鉄「内幸町駅」徒歩5分
◎営業時間:10:30~15:30 17:00~22:30
◎定休日:土曜・日曜・祝日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告