【立ち食いそば】新宿「名代 富士そば 新宿都庁店」都庁より新宿駅寄り!24時間営業の立ち食いそば店。

新宿の「名代 富士そば 新宿都庁店」は、新宿西口・南口から徒歩5分にある、24時間営業の立ち食いそば店です。

甲州街道から一筋入った国際通り沿い

場所はJR新宿駅南口から徒歩5分程度。甲州街道から一筋入った国際通り沿い。「新宿都庁店」という店名ですが、都庁からはかなり離れており、どちらかというとJR新宿駅寄りにあります。

この辺りは立ち食いそば激戦区。徒歩5分圏内にはこんな店があります。

入口左のショーケースにはメニューのサンプルが並んでいます。普段あまり見ないのですが、改めて見ると色鮮やかですね。こちらが上半分。

こちらは下半分。生ビールは恐らく中生サイズだと思いますが、330円っていうのは安いですね。

キャパは26名程度

この日入店したのは11時15分頃。入口入ってすぐ左手とドアの右横に1台ずつ自動券売機があってここで食券を買うシステム。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が300円で、「天ぷらそば・うどん」が410円。店内はフロア中央に7名ぐらいが立ち食いできる立ち食いカウンターと8席あるテーブルカウンター、そして壁際に5席のカウンターと6席のカウンター。合わせるとキャパは26名程度です。「富士そば」はカウンターが大理石調の店が多いのですが、この店は木目調。なんかシックで落ち着いた内観です。BGMは他店同様演歌ですが…。

注文カウンターの横には揚げ置きの天ぷら類を入れた金属トレイ、その右に給水器、返却コーナーと続いています。

カウンター上には黒のリターナブルタイプの箸。小さいトレイの上には七味と醤油。

つゆはかつお出汁の風味が豊か!

そしてチケットの半券を手に待つこと2分ちょいで番号を呼ばれ、いただいてきたのがこちら。「もりそば」(300円)。ちなみにトレイは表面がざらざらしている滑り止め仕様。

そばは茹でたて。

さらにアップ。みずみずしくて輝いています。

さて、いただきます。わさびを直にそばにつけ、ネギを入れたつゆをくぐらせいただきます。まずツーンとしたわさびのいい香りが鼻を抜け、カツオ出汁風味豊かなつゆの味と共にそばの香りが口の中に広がります。コシがあり、しなやかで喉ごしも良好。富士そばで冷たい系のそばをいただくのは久しぶりですが、思っていた以上につゆの出汁風味が強いですね。というわけでサクッと完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.4(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都新宿区西新宿1-19-12 鮎沢ビル1F
◎交通手段:新宿駅西口または南口徒歩5分
◎営業時間:24時間営業
◎定休日:無休

<これまで紹介した富士そば>
首都圏を中心に約130店舗を展開する「名代 富士そば」。このブログではこれまで以下の店舗を紹介しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告