【メシ屋&酒場紹介】高知「屋台 ゆき(YUKI)」グリーンロード北端の屋台。小ぶりで皮がパリパリの「屋台餃子」を楽しむ。

屋台 ゆき(YUKI)」は高知市のグリーンロード北端の屋台。1年ぶりに絶品「屋台餃子」をいただいてきました。

およそ1年ぶり、3回目の訪問

実はこのお店は3回目の訪問です。

今回、約1年ぶりに再訪しました。場所は高知市のグリーンロードの中央分離帯の上。毎週日曜市が開催される追手筋のシダックスの角を曲がったこの通りには、夜になると南北およそ200メートルにわたって7~8軒の屋台が出現します。その北端にあるのがこの「屋台 ゆき(YUKI)」です。

開店は19時30分~20時ぐらい

開店はだいたい19時30分前後。1回目は19時20分ぐらい、2回目は19時40分ぐらいに入店。今回、19時半ぐらいに行ったのですがまだ開店していなかったので、出直して20時30分過ぎに入店しました。店内は中は入口を入ってすぐ右側に厨房を囲むようにカウンターがあり約10席。その手前に4人がけのテーブルが3つ、左側半分がフロアスペースのような感じになっており、6~8人がけテーブルが一つ、4人がけテーブルが二つあります。屋台ですがテーブルとテーブルの間は距離があり、ゆったりと開放的な空間になっています。

別名「リーゼント屋台」

お店は30代ぐらいの若手男性2~3名体制。店長さんらしき人はリーゼントのイカしたお兄さん。そのため別名「リーゼント屋台」と言われているとか。といっても皆さんとても感じが良く、物腰も柔らかです。メニューは「ラーメン」が700円で、醤油、塩、ゆず塩、激辛、マヨネーズ、にんにく、味噌など各種。そして「餃子」は一皿7個で「屋台餃子」と「青じそ餃子」があります。そのほか「おでん」は各100円、「おつまみ盛り」が500円。アルコールドリンクは各500円で、アサヒ瓶ビール、焼酎(いいちこ、黒霧島)、日本酒(土佐鶴)、酎ハイ(レモン、巨峰、梅)、各種カクテルがあります。今回まず瓶ビールを頼み、つまみはまず「おでん」。厚揚げ、ちくわ、ピンクのやつはすまき、あと大根。

おでんはカウンターの角の辺りの四角い鍋の中でグツグツ煮えています。

屋台餃子と青じそ餃子を堪能

しばらくしたら「屋台餃子」が焼き上がってきました。こちらは二人前。外はこんがりキツネ色。皮はカリッとして香ばしく、中はひき肉、キャベツ、ニラがギュッと詰まっていて噛みしめると旨みが口中に広がります。やはりうまいですね。

ビールをもう1本追加オーダーしたタイミングで「青じそ餃子」も1人前注文。

外見は「屋台餃子」と全く同じですが、しその香りが強く、「屋台餃子」よりはシャキシャキした食感で、これもまた良し。21時ぐらいだったでしょうか。20代ぐらいの女性2名が入口ではないところから店内に入ってきて、店長さんに「インスタ見ているんですけど、写真だけいいですか」と撮影を依頼。「いいですよ」と店長さんは快く承諾。偉いなあ。写真を撮るのだったらビール1本、餃子一皿ぐらい頼めばいいのに…。まあ、お姉ちゃん特権ですね。その後、60代ぐらいの男性が来店しラーメンを注文。そんな中、青じそ餃子をつまみにビールを飲みながら40分ほどでお愛想。ごちそうさまでした。

<地図>

※ややずれていますががおおよその目安の位置です

<店舗データ>
◎住所:高知市グリーンロード北端

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告