【立ち食いそば】四谷「いろり庵きらく 四ツ谷店」JR四ツ谷改札内にあって手軽に利用できる駅そば。

四谷の「いろり庵きらく 四ツ谷店」は、JR四ツ谷駅の改札内にある立ち食いそば店。地下鉄などへの乗り換えの際などに気軽に利用できます。

JR四ツ谷駅の改札内

JR東日本系の日本レストランエンタプライズ(NRE)がJR東日本管内の駅周辺に展開している「いろり庵きらく」。2019年3月9日現在で61店舗あります。今回ご紹介する「四ツ谷店」の場所はJR四ツ谷駅の改札内。

地下鉄丸ノ内線に乗り換える際に利用する赤坂口改札を入って3番線・4番線ホームへと降りる階段の正面です。逆に言うと3、4番線の一番新宿寄りの階段を上ってすぐ手前。

入口右にタッチパネル方式の自動券売機があってここで食券を購入して店に入り、店員さんに渡してオーダーするシステム。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が310円、「かき揚げそば・うどん」が430円です。

L字型カウンター11席

手動のドアを開けてこの日入店したのは11時56分と、ちょうどお昼のピーク時。店内はL字型カウンターのみ。長い方が7席、短い方が4席でキャパは11名です。ピーク時ということで入店時すでに満席でした。客層は30~50代の仕事途中に寄ったと思われるビジネスマンと思われる男性が8名で、20代女性が1名、シニアの女性二人組。ということで席が空くまで入口付近に立って待機します。待つこと1分ぐらいで長い方のカウンターの一番入口寄りの席が空いたので着席。店員さんに食券を渡してそばを指定します。

一息ついてカウンターの上をチェック。目の前にはコップ。給水器はなくカウンターの要所要所に置いてあるウォーターピッチャーからセルフで注ぐシステムです。

そのほか調味料として小さいトレイ上に七味、すり胡麻などがあったのですが、隣の女性のすぐ手前だったので撮影は控えました。

揚げが2枚乗ったきつねそば

そして待つこと2分弱で出てきたのがこちら。「きつねそば」(410円)。

約8センチ角の揚げ2枚の他にはネギのみというシンプルなルックス。

さて、いただきます。まずは七味を二振りぐらいしたいところですが、隣の女性の前にある調味料に手を伸ばすのはなんだかはばかられる雰囲気。そのため、今回は七味はかけません。で、そばをいただくと、生そばで適度なコシ。つゆがやや熱いのでしばらくはそばを集中的にいただきます。そして3分の2ほどそばをいただいたところでつゆを。いつものいろり庵きらくのつゆ。トッピングの揚げはほんのり甘めの味付け。口に入れるとジュワッとつゆがしみだしてきます。うまいんですが熱い。すぐに水をいただき口の中をクールダウン。昼時なので店には次から次へとお客さんが入って来ます。ということでピッチを上げて食べ進めサクッと完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.3(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都新宿区四谷1 JR四ツ谷駅
◎交通手段:JR「四ツ谷駅」改札内
◎営業時間:[月~金]6:45~22:15[土]7:00~15:00
◎定休日:日曜日、祝日

<関連店舗>

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告