【立ち食いそば】目黒「立喰そば 田舎」半世紀の歴史!ザ・昭和の一杯を満喫できる立ち食いそば店。

JR「目黒駅」西口を出てすぐ正面にある「立喰そば 田舎」は、半世紀にわたってこの地で親しまれて来た立ち食いそば店です。

JR「目黒駅」西口正面

場所はJR「目黒駅」西口から徒歩1分。西口を出て目の前の道路をはさんだ正面。パチンコ屋さんと花屋さんの間で、年季の入った黄色いテント看板が目印です。下の写真は信号待ちしている際に撮影したもの。赤い丸印がこのお店です。

ネットで調べてみたところ、このお店は約50年の歴史があり、今の店主は3代目とか。私は30~35年前、この店の裏付近にあった飲み屋街にたまに飲みに行っていましたが、その時すでにこの店があった記憶があります。平成も終わろうとしている今なお健在の、正真正銘ザ・昭和の立ち食いそば店ですね。実になんとも味のある佇まい! 暖簾の横に「お客様へのサービス品」として「アジ天そば・うどん 390円」を告知する紙が吊してありました。

立ち食いのみ。キャパは5名

この日入店したのはお昼時の12時20分。店内は厨房を囲むL字型立ち食いカウンター。道路沿いのLの長い辺が4名ぐらい、短い辺が1名でキャパは5名。先客は道路沿いのカウンターに2名で、短い方に1名。券売機はなく、入店してご店主に口頭でオーダーするシステムです。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が280円で、「天ぷらそば・うどん」が370円。あいていた道路沿いカウンターの中程にスペースを確保し、ご店主に口頭でオーダーします。一息ついてカウンターの上をチェックすると七味と輪切りの唐辛子。しかしカウンターも年季が入っていますね。

道路沿いのカウンターは2段になっていて、上のカウンター右側にはガラス製の天ぷらケースがあり、ちくわ天(90円)、春菊天(110円)、いか天(110円)、コロッケ(90円)、あじ天(110円)などが並んでいます。その上にはちっちゃいテレビモニターがあって、このお店が紹介されたと思われるバラエティ番組が流れていたのかな?いやあれはリアルタイムのテレビ番組だったのかな?よくわかりませんでした。

ザ・昭和の一杯を満喫

そして待つこと1分ちょいで出てきたのがこちら。「春菊天そば」(390円)。

さて、いただきます。七味をさっとふりかけてまずはそば。フワフワの茹で麺。いいですね。ここで生麺茹で立てなんか出たらかえっておかしいですから。つゆは色こそ濃い目ですが塩っぱさはなく、若干味が薄いかなと思うぐらい。そして春菊天はもちろん揚げ置きで衣が多め。つゆを吸ってブヨブヨになっていくのを楽しむタイプです。昼時なので店はあっという間に満員になり、一人食べ終えて出るとすぐに次の人が入ってくる感じ。私の右隣に新たに入って来た40代サラリーマン風の男性は「天ぷらそばちょうだい」と注文後、「玉子も入れてもらおうかな」などと通ぶった偉そうな口調で店主に注文。一瞬イラッとしましたが聞き流して食べ進めます。しかし立ち食いそば店の天ぷらは揚げ置き、衣多めに限りますね。その方が絶対食べやすいですよ。というわけで完食し、ザ・昭和の一杯を満喫。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都品川区上大崎2-27-4
◎交通手段:JR山手線「目黒駅」西口から徒歩1分
◎営業時間:[月〜土]5:00~22:30[日・祝]5:00~14:00
◎定休日:第2・第4日曜日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告