【カップ麺】サンヨー食品「サッポロ一番 名店の味 桂花 熊本マー油豚骨」ほろ苦さとクリーミーな豚骨スープのハーモニーを楽しめる。

サンヨー食品の「サッポロ一番 名店の味 桂花 熊本マー油豚骨」は、熊本ラーメンの有名店「桂花」のマー油豚骨ラーメンを再現したカップ麺です。

まずは見た目など。

創業昭和30年と60年以上の歴史を持つ熊本ラーメンの有名店「桂花」。この商品は、そんな老舗の看板メニュー「桂花拉麺」を再現したカップ麺です。パッケージを見ると、カップ部分はゴールドがベースで高級感が漂っています。そしてフタの中央には真っ赤な帯があり、その上に「桂花」のロゴが大きく配置してあります。

早速つくってみる。

フタを開けると入っていたのは「あといれ液体スープ」「あといれ特製調味料」「かやく」。

中はこんな感じ。ノンフライ麺です。

さて感想は。

「かやく」を入れて熱湯を注いで5分後にフタを開け、「あといれ液体スープ」「あといれ特製調味料」を加えたら出来上がり。「あといれ特製調味料」がマー油のようですね。

麺リフト。中太麺です。

さて、いただきます。まずは麺。ツルツルとしていて適度なコシがあるノンフライ麺。食感は生麺に近いんですが、麺自体の味とか旨味はやや弱いように感じました。次にスープをいただくと、まろやかでクリーミーな豚骨スープに、苦味があるマー油が加わって、これぞ「桂花」という唯一無二の味わい。クリーミーだけど苦い、いわばニガクリーミーなスープです。具材はチャーシュー、茎わかめ、焦がしガーリック、ねぎ。チャーシューはペラペラですが、これはカップ麺ということでしょうがないですね。「桂花拉麺」の特徴でもある茎わかめはラーメンの具としては珍しいのですが、独特の味と食感でいいアクセントになっていました。それにしても炒めたにんにく風味豊かなマー油の存在感はバツグン。ほろ苦さと濃厚豚骨スープのハーモニーを楽しみながら最後の一滴まで飲み干しました。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.6(まあまあ気に入った)

<商品データ>
◎価格:205円(税抜)
◎内容量:123g(めん70g)
◎カロリー:418kcal
◎リニューアル日:2019年3月

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告