【立ち食いそば】江戸川橋「立喰いそば 山吹」細目でしっかりコシのあるそばや丼物が手頃な価格で楽しめる!

江戸川橋の「立喰いそば 山吹」は、細目でしっかりコシのあるそばと、天丼・カツ丼などの丼物やカレーライスが、手頃な価格で楽しめる立ち食いそば店です。

山吹町交差点付近

場所は東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」2番出口から徒歩5分ぐらい。江戸川橋通りと早大通りが交わる山吹町交差点付近。ローソンの隣です。

入口前には「立ち喰い そば うどん」と白く染め抜かれた紺の暖簾。そして入口には縄のれん。

この日入店したのは午前9時頃。入ってすぐ左手に大小の自動券売機が2台並んでいます。小さい方はビールやハイボールなどのドリンクや、冷奴などのつまみ用ですが、この時間は使えなくなっていました。大きい方の券売機で食券を購入して奥の注文口で店員さんに渡してオーダーするシステム。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が320円で、「かき揚げそば・うどん」が440円。店内は厨房を囲むL字型カウンター。およそ6名が立ち食いできそう。その後ろの壁沿いのカウンターは9名ぐらい並んで食べられるでしょうか。さらに入口右横の窓際に3名ぐらいが立ち食いできるカウンターがあり、キャパは合わせると18名程度。先客は壁沿いのカウンターに50代ぐらいの男性が1名。店員さんに食券を渡して「そば」を指定し、注文口手前の壁沿いカウンターで出来上がりを待ちます。下の写真のカレンダー上にはテレビがあり、朝のワイドショーをやっていました。

カウンターの上をチェックすると、調味料は七味、醤油、そして紅生姜。その他写真には写っていませんがソースもあります。

天かすはサービス!

そして待つこと2分ちょいで呼ばれ、いただいてきたのがこちら。「冷ぶっかけそば」(370円)。注文口で「天かすは入れますか」と聞かれ、入れていただいたので、たぬきそばに!

上から。トッピングは刻みのりとわかめ、そして天かす。割とたっぷり目の刻みのりが嬉しいですね。

わさびは器ごとトレイにのせて供されます。

さて、いただきます。まずはそばから。わさびをつけていただくと、やや細目でしっかりとしたコシがあり、いい感じの喉ごし。茹で立てみたいですね。つゆはかつお出汁が香り、ちょうどいい塩梅。入れていただいた天かすが最初はカリカリで、食べ進めるに連れてつゆを吸って食感が変わっていくのを楽しめます。そしてわかめ、刻みのりもいいアクセントになってくれますね。食べ進めていると、3人ほど続けてお客さんが入店してきました。というわけで、ピッチを上げて食べ進めて完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.8(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都新宿区山吹町265-6 ライオンズマンション早稲田正門通り1F
◎交通手段:東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」2番出口から徒歩5分
◎営業時間:6:00~9:30 11:10~14:30 17:30~21:00
◎定休日:日曜・祝日(稀に祝日営業あり)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告