【立ち食いそば】立川「奥多摩そば 青梅ホーム店」立川駅ホーム上の立ち食いそば店の中で、一番ゆったり食べられるかも。

立川の「奥多摩そば 青梅ホーム店」は、JR「立川駅」1・2番線ホーム上にある立ち食いそば店です。立川駅ホームにある4つの立ち食いそば店の中で一番ゆったり食べられるかも。

「立川駅」1・2番線ホーム上

場所はJR「立川駅」1・2番線ホーム上。JR立川駅の4つのホームには一つずつ立ち食いそば店があります。まず1・2番線ホーム上にあるのが、今回ご紹介する「奥多摩そば 青梅ホーム店」。そして3・4番線ホーム上には「清流そば 立川3・4番線ホーム店」。

5・6番線ホーム上には「清流そば 立川5・6番線ホーム店」。

7・8番線ホーム上には「奥多摩そば 南武ホーム店」。

まとめるとこんな感じ。

◎1・2番線/青梅線、五日市線→「奥多摩そば 青梅ホーム店」
◎3・4番線/中央線上り→「清流そば 立川3・4番線ホーム店」
◎5・6番線/中央線下り→「清流そば 立川5・6番線ホーム店」
◎7・8番線/南武線→「奥多摩そば 南武ホーム店」

キャパは12~13名

この日入店したのは朝9時30分頃。2ヶ所ある出入口のうち、2番線側の入口から入ると、すぐ左手に自動券売機があり、ここで食券を購入して注文口で店員さんに渡してオーダーするシステム。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が280円で、「かき揚げそば・うどん」が380円。このお店にも他のホームの店同様、名物の「おでんそば・うどん」があります。

朝食のピークが一段落した時間だったということもあり、先客はおらず。店内は厨房を囲むL字型カウンターがあり、だいたい8~9名が立ち食いできそう。2番ホーム側の壁際にも4名ぐらいが立ち食いできるカウンターがあり、合わせるとキャパは12~13名。他のホームの立ち食いそば店と比べると広く、ゆったりしたつくりです。あと、青梅ホームは他のホームに比較すると乗降客数が少なく、そういう意味でも立川駅4つの立ち食いそば店の中で一番ゆったりと食べられるかも。

食券を購入し、注文口で店員さんに渡して「そば」を指定。L字型カウンターの短い辺にある給水器付近で出来上がりを待ちます。カウンターの上をチェックすると、調味料は七味とすりゴマ。

天かすタップリの冷やしたぬきそば

そして待つこと2分弱で、カウンター越しにいただいたのがこちら。「冷やしたぬきそば」(360円)。

上から。揚げ玉がタップリ。

さて、いただきます。まずはそばにわさびをつけて口に運びます。NRE系の駅そば共通のそばは、柔らか目ですが適度なコシがあります。ツンとしたわさびの香りと共に、揚げ玉のカリッとした香ばしさを感じます。この揚げ玉は天ぷらを揚げた際に出る、いわゆる“天かす”ではなくて、業務用に揚げ玉としてつくられたもの。あられみたいにやや固めでカリカリの食感で、つゆに浸ってもブヨブヨになりにくいヤツです。個人的にはつゆを吸ってブヨブヨになっていく方が好きなのですが、今回は最後までカリッとした食感を楽しむことにしましょう。というわけでサクサク食べ進めて完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.4(まあまあ)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都立川市曙町2-1-1 JR立川駅 1・2番ホーム
◎交通手段:JR「立川駅」1・2番線ホーム上
◎営業時間:7:00~22:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告