【立ち食いそば】神保町「小諸そば 駿河台店」茹で立ての生そばがリーズナブルな価格で楽しめる。

神保町の「小諸そば 駿河台店」は、株式会社三ツ和が東京23区を中心に展開している立ち食いそばチェーン店の一つ。茹で立ての生そばがリーズナブルな価格で楽しめる店です。

靖国通り沿いの駿河台下交差点角

株式会社三ッ和が東京23区内を中心に76店舗展開する「小諸そば」。千代田区には20店舗がありますが、今回ご紹介する「駿河台店」の場所は「神保町駅」から徒歩4分程度。靖国通り沿いの駿河台下交差点角です。入口の左にはサンプルを展示したショーケース。

この日入店したのは午前9時40分過ぎ。入口を入ってすぐ左右に自動券売機があり、ここで食券を買ってその先の注文口で店員さんに渡してオーダーするシステムです。価格は「かけ・もりそば」が290円、「かき揚げそば」が390円。店内は注文口手前に4席のカウンターテーブル。その先の窓際に5席のカウンター。フロア中央に10人ぐらいが立ち食いできる立ち食いテーブル。店の奥に2人用テーブルが4卓。ということで合わせてキャパは27名程度。先客は男性が1名で、店員さんは2名体制でした。

注文口で食券を渡し、窓際のカウンター席で出来上がりを待ちます。カウンターの上をチェックすると、小さなトレイの中に並べられた調味料類は、左から七味唐辛子、ゆず七味、小梅、わさび。

もりそばを七味、ゆず七味、わさびで楽しむ

そして待つこと約3分で呼ばれ、いただいてきたのがこちら。「もりそば」(290円)。

上から。色白のそば。

さて、いただきます。まずはつゆにねぎを適量投入し、そばに七味を振りかけいただきます。茹で立てのそばはツルッと喉ごしがいいですね。かつお出汁の風味豊かなつゆにピリッとした七味がいいアクセントになってくれます。そして次にゆず七味。今度は柚子の風味が楽しめます。そして残り三分の一はわさびで楽しみます。わさびを直接そばにつけていただくと、ツンとしたわさびの香り。最後は残ったつゆにネギとわさびを加え、そば湯を加えていただきました。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.2(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都千代田区神田小川町3-10-37 オオタビル 1F
◎交通手段:各線「神保町駅」徒歩4分
◎営業時間:[月~金]9:00~21:00[土]10:00~21:00
[日]10:00~17:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告