【立ち食いそば】板橋「名代 富士そば 板橋店」JR板橋駅西口前のロータリー角。24時間生そばが手頃な価格で楽しめる。

板橋の「名代 富士そば 板橋店」は、24時間営業・年中無休で茹で立ての生そばが手頃な価格で楽しめる店です。

JR板橋駅西口前のロータリー角

ダイタングループが首都圏を中心に2019年6月現在で約130店舗を展開する「名代 富士そば」。今回ご紹介する板橋店は、ダイタンキッチン株式会社が運営する店で、開店は2017年11月1日。場所はJR「板橋駅」西口から徒歩1分。西口前に広がるロータリーの一角です。この日入店したのは午前10時50分過ぎ。入口を入ってすぐ左手に自動券売機が2台並んでおり、ここで食券を購入し、その先の注文口で店員さんに渡して、半券を受け取って待つシステム。価格はベースとなる「もり・かけそば・うどん」が300円で、「天ぷらそば・うどん」が410円。店内は入口を入ってすぐ右の窓際に2人用テーブルが3卓。フロア窓際には4席と6席のカウンターテーブル。奥に2人用テーブルが4卓で、合わせるとキャパは24名。先客は男性3名。注文口の右横には揚げ置きの天ぷらを入れるガラスの天ぷらケース、ポットに入ったそば湯、給水器などがあります。

食券を店員さんに渡して、フロア窓際のカウンターテーブルで出来上がりを待ちます。カウンターの上をチェックすると、調味料はホワイトペッパー(パウダー)、七味唐辛子、醤油。

かけそばをわさびと七味で楽しむ

そして待つこと2分弱で呼ばれていただいてきたのがこちら。「もりそば」(300円)。

上から。

さて、いただきます。そばつゆにネギを適量入れて、わさびをそばに直接つけてつゆをくぐらせ口へ。そばの香りとツーンとしたわさび、そしてつゆのかつお出汁が広がります。しばらくはそれを続け、3分の2ほどいただいたところで、七味をそばにふりかけいただきます。今度はピリッとした七味がアクセントになっていい感じ。最後は残ったつゆにそば湯を入れて、七味を二~三振りして飲み干して完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.3(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都板橋区板橋1-16-9
◎交通手段:JR「板橋駅」西口から徒歩1分
◎営業時間:24時間
◎定休日:無休

<これまで紹介した富士そば>
このブログではこれまで以下の店舗を紹介しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告