【週間日記】2019年6月30日(日)~7月6日(土)

<前週はこちら>

6月30日(日)

朝7時40分起床。寝坊したので朝食は抜き。金曜日取材したdoda原稿制作の続き。昼食は兵庫県姫路市の田靡(たなびき)製麺株式会社という会社の「出石(いずし)そば」。

「出石そば」とは兵庫県豊岡市出石の郷土料理らしい。甘皮を多く挽き込んだそば粉を使用しているということで、色黒のそばは香り豊か。しっかりとコシもある。

午後もdoda原稿制作の続きと、Greenの原稿の見直し。16時過ぎからアマゾンプライムで昨日途中まで見た映画「サバイバルファミリー」(2017年/監督:矢口史靖、出演:小日向文世、深津絵里)の続きを見ながら、約40分ほど運動。運動終了後も映画を30分ほど見続けて見終える。あまり期待していなかったが、思っていた以上に楽しめた。18時過ぎから夕食。

嵐の相葉くんが全国のご当地冷やし麺を作りながら食べる番組を見る。大分別府の別府冷麺が一番ウマそうだった。20時ぐらいから録画していた「グレートネイチャーSP 赤道直下4万キロ(6)ブラジル 森と漂流者たち」を見る。アマゾンに住む熱帯魚を獲って暮らす人たちが紹介されていた。この人たちが獲って1匹80円で売ったディスカスが最終的には20万円で売られるそうだ。中間業者がエサを与えて大きく育ててから売るそうだが、それを差し引いてもどんだけ中間搾取してんだろう、と思う。収穫する人たちが1匹3000円ぐらいでネット通販で売ればいいんじゃないかとも思ったが、それじゃあ中間業者の生活が成り立たなくなるし、でもそれはしょうがないことか、などと考えがまとまらなかった。

7月1日(月)

朝6時15分起床。Greenの原稿を最終チェックしてアップ。韓ドラを見ながら9時20分から40分運動。その後、金曜日取材したdoda原稿制作の続き。明日の取材の準備。15時過ぎに家を出て酒場へ。雨は降っていないが今にも降りそうな雲行き。普段なら下の写真の中央部分にスカイツリーが見えるのだが、瞬間移動のマジックで消されたみたいに全く見えない。

ちなみにこちらは6月17日に同じような場所から撮影した写真。

15時50分過ぎに酒場に入店。先客は男性一名。キンミヤの酎ハイに、つまみは小松菜のおひたし、イワシの酢の物、エシャレット、白菜の朝鮮漬け。16時過ぎに先客がお勘定して帰ったのでいつもの席に移動。テレビで16時20分からやっている朝ドラ再放送「ゲゲゲの女房」は、主人公の結婚式のシーン。音声は良く聞こえなかったが、松下奈緒が夫の義手を見つめるシーンでジーンときた。17時過ぎに店を出ると霧雨と小雨の中間ぐらいの雨が降っていた。

21時ぐらいから録画していた「ブラタモリ」阿蘇編を見る。その後、これまた録画していたBS朝日「新 鉄道・絶景の旅」を見て釧路の赤ちょうちんに心ひかれる。

7月2日(火)

朝6時15分起床。金曜日取材のdoda原稿をチェックしてアップ。8時50分ぐらいからBS朝日の韓ドラ「気分の良い日」を見ながら運動40分。韓ドラと言えば、6月末にチョン・ミソンさんが亡くなったのは結構衝撃。ついこの間まで見ていたドラマ「憎くても愛してる」をはじめ、出演されているドラマを何本も見ていて馴染み深かったので。特にホームドラマ系では不可欠な女優さんで、これから年を重ねていくとさらに活躍されるのではないかと思っていたのだが。その後、本日の取材の準備。11時過ぎに家を出て取材へ。JRで田町へ。今日も蒸し暑い。取材場所を確認し、近くにあった「ゆで太郎 芝店」へ。

いただいたのは「もりそば」(320円)。昼時なので混んでいた。

取材は13時から1時間半ほど。終了後、三田から地下鉄で帰宅。少し休憩してからブログ作業。20時過ぎから録画していた「ゴリパラ見聞録」熊本・鹿児島県・エジソン館&佐多岬を巡る旅を見る。

7月3日(水)

朝6時15分起床。昨日の取材のまとめ。途中、11時30分ぐらいからBS朝日の韓ドラ「気分の良い日」を見ながら40分間運動。その後、記事制作の開始。15時過ぎに家を出て酒場へ。鹿児島では朝から激しく雨が降り続いているそうだが、東京は曇り空。月曜日は見えなかった東京スカイツリーが今日はややぼんやりだが見える。

16時少し前に酒場に入店。先客はおらず。テレビではちょうどみんなのうた「パプリカ」が流れていた。米津玄師作曲のこの曲、子供に大人気らしい。何か幼児にしか聞こえない高周波が入っているとか、入ってないとか。キンミヤの酎ハイに、つまみは小松菜のおひたし、イワシの酢の物、エシャレット、白菜の朝鮮漬け。16時15分ぐらいからポツリポツリ主に知った顔の一人客が来店。みんなこの店での飲み方をわきまえた方たちだったので静かで快適。毎日こうだと嬉しいのだが。朝ドラ再放送の「ゲゲゲの女房」を見ながら酎ハイを楽しむ。定量を飲み終えて17時15分ぐらいに店を出る。

18時30分少し前に帰宅。20時30分ぐらいから録画していた「ゴリパラ見聞録」埼玉県・熊谷市の名所を探す旅~前編~を見る。ゴリパラがa-nationに出るそうだ。たいしたもんだ。

7月4日(木)

朝6時15分起床。火曜日取材したGreenの原稿制作続き。途中、11時30分ぐらいからBS11の韓ドラ「明日も晴れ」を見ながら運動を40分。15時過ぎに家を出て酒場へ。朝から降っていた雨は止んでいた。本日はスカイツリーの下三分の一ぐらいだけが見えた。

15時50分ぐらいに酒場の近くに到着。20代中盤ぐらいの男性二人が酒場の前で入店するかどうか迷っていたが、どうやら諦めてくれたよう。あまり若者たちと一緒の空間で飲みたくない気分だったので、ホッとする。入店すると先客はおらず。キンミヤの酎ハイにつまみは小松菜のおひたし、イワシの酢の物、エシャレット、白菜の朝鮮漬け。16時15分ぐらいだったか。「やってますか」と60代ぐらいの男性が入店。暖簾が出ていて客もいるのにトンチンカンなことを言うじいさんだな、と思っていたら大将も何か気に障ったらしく、相手が何を言ってきても「飲まなくてもいいです」と返す、いわゆる飲まなくてもいいです攻撃。「飲みたいんです。ビールください」とか3分ぐらいねばっていたが最後に「他の店で飲んでください」と言われ諦めて出て行った。その後、再び静かになる。NHKで朝ドラ再放送「ゲゲゲの女房」を見て、「まんぷく」で母と娘役をやっていた松坂慶子と松下奈緒はこのドラマでも共演していたんだ、などと思う。17時20分ぐらいに店を出る。

18時25分ぐらいに帰宅。

明日の取材の準備を少しして、19時からニュースを見る。参議院議員選挙が告示され立候補者が紹介されていた。NHKアナウンサーは「NHKから国民を守る党」と紹介する時、どんな気分なんだろうな。仕事だから淡々と原稿を読むだけと割り切っているのか、あるいは「ふざけた党名を名乗りやがって」という気持が少しあるんだろうか。20時30分ぐらいから録画していた「マツコの知らない世界」サンバ、軽井沢、かき氷編を見る。カレー風かき氷が紹介されていたが、ああなるとかき氷の存在意義がイマイチわからない。

7月5日(金)

朝6時10分起床。火曜日に取材したGreenの原稿制作続き。途中、8時50分ぐらいからBS朝日の韓ドラ「気分の良い日」を見ながら40分ほど運動。ハルモニ、お願いだから機嫌を直して!13時過ぎに家を出て取材へ。曇り。山手線で新宿、中央線に乗り換えて三鷹で下車。途中、電車内のモニターに流れていたクイズみたいなやつで、花火を打ち上げるときのヒューという音は花火本体と同時に打ち上げる笛の音と知る。花火が空気を切り裂く音じゃないんだ。駅の改札内の入口から「いろり庵きらく アトレヴィ三鷹店」へ。いただいたのは「ざるそば」(350円)。

サクッといただいて取材場所を確認。

その後、しばらく北口付近を散策。北口を出てすぐにあった、昭和の香り漂う看板のない立ち食いそば店が跡形もなくなくなっていた。調べて見たら2018年2月ぐらいに閉店したらしい。寂しいねぇ。駅からすぐのところにあった玉川上水の流れる公園で少し休憩。

取材は15時から2時間ちょい。本日は他社との共同取材で、他社のディレクターさんが主導で進めた。質問の進め方など、自分とは違い、ああこんなやり方もあるんだなと思う。丁寧だが若干まだるっこしくて、自分だったらあと1時間ぐらい早く終えたのだが。まあ、早いのがいいわけではないんだろうけど、この方、仕事熱心で努力家で、定時で帰ることなんて考えたことがないんだろうな、と思った。終了後、三鷹駅から中央線に乗り、高円寺で下車。バスで環七を通って帰宅。高円寺から最寄のバス停まで約25分。思ったより早く着いて気分が良くなる。

18時40分ぐらいから夕食。21時ぐらいから録画したBS11「世界の国境を歩いて見たら…」ボスニアヘルツェゴビナ・セルビア編を見る。この地域というと、ボスニア紛争が記憶に新しいが、もう25年前のことだそう。いまだに対立が激しいのかと思っていたが、今回の放送を見た限りでは紛争を乗り越えて、友好に向かって歩んでいるように感じた。

7月6日(土)

朝6時25分起床。火曜日取材のGreenの原稿制作続き。昼食はそうめん。この前の日曜日に食べた「出石(いずし)そば」と同じく、兵庫県姫路市の田靡(たなびき)製麺株式会社という製麺会社のもの。

極細で喉ごしがいい。午後は昨日の取材のまとめ。16時20分ぐらいからアマゾンプライムで映画「言の葉の庭」(2013年/新海誠監督)を見ながら40分ほど運動。映画はというと、映像はめちゃくちゃ美しい。しかし、ストーリーは男性からすると、こんなことがあったらいいけどあるわけない、ありえない、いやもしかしたらあるかもしれない、できればあって欲しい、という微妙なもの。リアルならリアル。フィクションならフィクションと、どちらかに振り切らないとなんか気持ち悪い。あえてそうしているのかもしれないけれど。エンドロールで知っている名前が出てきたので調べて見たら監督の奥さんだった。三坂さんって新海監督の奥さんなんだ。初めて知った。18時過ぎに家を出て「焼鳥やっちゃん」へ。テーブル席は満席だったが、カウンターは全部空いていたので入口寄りの有線放送のチューナーの前の席へ。

キンミヤの酎ハイにつまみはキャベツ味噌、ねぎま、鳥皮、ホワイトボードのメニューから枝豆(埼玉産)。

テーブル席に団体さんがいて賑やか。というかうるさかった。特に男性の話し声がでかくて、店内にうっすらと流れているBGMが全く聞こえない。ここ10年以上、大勢でワイワイ飲む経験がゼロのため、大勢で飲んで何が楽しいのかわからなくなった。比較的離れた席に座って良かったと思う。でも、昔の自分がそうだったように、大勢で賑やかに飲んでることが、同じ店にいる静かに飲みたい人にとってはどれだけ迷惑なのかなんて、想像できないよな。自分も若い頃は飲み屋って騒ぐ場所という認識しかなかったかもしれない。シメに手羽先をいただく。

19時30分ぐらいに店を出て帰宅。録画していた「ゴリパラ見聞録」を見た記憶があるが、内容はあまり覚えてないのでもう一度見ることになりそう。

<次週はこちら>

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告