【立ち食いそば】西新橋「小諸そば 西新橋一丁目店」都内の立ち食いそば激戦区の一つ・西新橋にある小諸そば。

西新橋の「小諸そば 西新橋一丁目店」は、株式会社三ツ和が東京23区を中心に展開している立ち食いそばチェーン店の一つです。

立ち食いそば激戦区の一つ西新橋

株式会社三ッ和が東京23区内を中心に76店舗展開する「小諸そば」。23区内といっても中央区に23店舗、千代田区に20店舗、港区に15店舗と、この3区に全体の75%以上が集中していて、その他の区には16店舗しかありません。今回ご紹介する「西新橋一丁目店」は港区の15店舗のつちの一つ。場所は東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」と都営地下鉄三田線「内幸町駅」の中間程度。西新橋二丁目交差点と西新橋交番前交差点の間辺り。この一帯は立ち食いそばの激戦区の一つ。同じ通りの70~80メートル先には「吉そば 西新橋店」があるほか、徒歩5分圏内には「そば処 大吉田」「小諸そば 虎ノ門店」「峠そば」、そしてこの店も歩いて2分ぐらい。

近所のビジネスマン客でほぼ満員

この日入店したのは12時55分ぐらい。入口を入ってすぐ左にタッチパネル式の自動券売機が1台あり、ここで食券を買ってその先の注文口で店員さんに渡してオーダーするシステム。価格は「かけ・もりそば」が290円、「かき揚げそば」が390円。店内は入口から向かって左の窓際にカウンター席が6席。その並びの奥窓際が3人ぐらい立ち食いできる立ち食いカウンター。その後ろに4人ぐらいが立ち食いできる正方形型の立ち食いカウンターがあり、合わせるとキャパは13名程度。昼時とあって、近くのビジネスマンを中心にほぼ9割の入りでした。食券を渡して「そば」を指定し、注文口の前で出来上がりを待ちます。カウンターの上には、取り放題のねぎ、七味、小梅、わさび、ゆず七味。

もりそばをゆず七味とわさびで楽しむ

待つこと3分弱で呼ばれて受け取ったのがこちら。「もりそば」(290円)。

トレイを持ってい空いていた入口に一番近いカウンター席へ。そばアップ。

さて、いただきます。まずはゆず七味をそばに直に振りかけていただきます。ネギを入れたつゆをくぐらせていただくとピリッと辛くてゆずの風味。茹で立てだったので適度なコシがあり、喉ごしも良し。そんな感じでゆず七味風味で半分ほどいただくと、次にわさびを直接そばにつけていただきます。ツンとしたワサビの刺激が心地良い。ということでそばを完食。そば湯は注文口前にポットで用意されていたのですが、つゆの残りが少なかったため、本日は利用せず。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.3(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:港区西新橋1-21-8 新虎ビルヂング
◎交通手段:「虎ノ門駅」「内幸町駅」から徒歩5~6分
◎営業時間:7:30~19:30
◎定休日:土曜日・日曜日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告