居酒屋・立食そば店・日本映画などをレビューしています。

【袋麺】株式会社霧しな「信州 開田高原 黒そば」そばの実の殻部分も挽き込んだ藪そばは、そばの風味豊か!

株式会社霧しなの「信州 開田高原 黒そば」は、そばの実の殻部分もそば粉に挽き込んだ、藪そばタイプのそばです。

まずは見た目など

この商品を製造している株式会社霧しなは、長野県木曽郡木曽町の会社。設立は1992年で、生麺・乾麺・半生麺の三つのタイプのそばを製造しています。

信州蕎麦の里 開田高原 霧しなオフィシャルサイト

信州は木曽御岳山の麓・開田高原にある霧しなは、御岳山の天然水を使った信州そばを全国にお届けしております。…

今回ご紹介するのは乾麺タイプのもの。そばの殻部分も粉に挽き込み、黒く素朴で野趣あふれる田舎風の、いわゆる藪そばです。パッケージは表の上3分の1が黒ベースに白文字で商品名。下3分の2が調理例写真。裏は調理方法や原材料など。

また、以下のような製品の特徴が書かれています。

黒い藪蕎麦とは
石臼でそばの殻部分まで粉に挽きこみ、そのため色が黒く、野趣あふれるそばに仕上げています。太さの違うめんで食感、風味を引き立てます。

水へのこだわり
めんづくりは水が命です。信州木曽御嶽山麓水系の水を使用しています。

そば湯が飲める
食塩不使用でそば湯が飲める配合です。蕎麦を召し上がった後、一緒に飲むことにより、蕎麦の栄養を無駄にせず摂りこむことができます。

早速つくってみる。


袋を開けると中はこんな感じ。90gにまとめられたそばが三束。

推奨されている茹で時間は6~7分です。

さて感想は。

茹で上がったらザルに移し、冷水で洗って水を切り、器に移したら出来上がり。

そばリフト。黒っぽくて野趣溢れる藪そば!

さて、いただきます。まずそばをつゆにくぐらせいただくと、少しザラッとした舌触り。しっかりとコシがあって太さの違うそばの食感が楽しいですね。そして、口の中には豊かなそばの香りが広がっていきます。今回は別途とろろとおろしを用意して、とろろそば、おろしそばにして楽しみました。そして、終盤はつゆにラー油を投入しピリ辛に味変したつゆを楽しみながら完食。その後、そば湯もいただきました。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.8(気に入った)

<商品データ>
◎内容量:270g
◎カロリー:317kcal(100g当たり)

最新情報をチェックしよう!