居酒屋・立食そば店・日本映画などをレビューしています。

【週間日記(後半)】2019年12月26日(木)~12月28日(土)

<前半はこちら>

ノツログ

<前回はこちら> 目次 1 12月22日(日)2 12月23日(月)3 12月24日(火)4 12月25日(水) 12月…

12月26日(木)

朝6時55分起床。火曜日の取材のまとめ。途中、机の一番上の引き出しを10分ほど片付け。昨日「たった1分で人生が変わる片づけの習慣」(小松易著)という本を読み、片付けのコツは一度にしようとせずに、1日15分限られたスペースを片付けることを続けることだと書いてあったのを思い出したため。インクがなくなっているペン数本を捨てる。昼食は株式会社山本かじのの「伝統の二八そば」。

かなり上質なそば。そば湯も楽しんだ。

ノツログ

株式会社山本かじのの「伝統の二八そば」は、そば粉を8割使用して、豊かなそばの風味が楽しめる乾麺タイプのそばです。 目次 …

13時過ぎからブログ作業。14時30分ぐらいからアマゾンプライムで映画「やっさだるマン」(2018年/大森研一監督、出演:佐藤永典、須藤茉麻、竹達彩奈)を見ながら40分間運動。映画は知らない人ばかり出ているし、なんか意味不明なタイトルだし、見るかどうか迷ったが、結果的には見て良かった。広島県三原市を舞台とした映画で「やっさだるマン」は三原市のゆるキャラ。ご当地映画と思いきや、過剰に三原市をアピールしておらず、ストーリーも良くてとても好感が持てる作品。運動が終わった後も見続けて最後まで見る。こういう映画に出会うと嬉しくなる。16時過ぎに家を出て酒場に。曇りがちで寒い。昔は12月の東京というと、寒いが快晴でカラッカラの乾燥した日がひたすら続くといった印象があったが、最近はこの手の曇っていて寒いという日が多いような気がする。16時50分ぐらいに酒場に入店。先客はおらず。ああ静かでいいや、と思いながら飲み始めたら10分後の17時ぐらいに男女二人組が来店。その3分後ぐらいに一人客、また5分後ぐらいに一人客と次々とお客さんが来店。ただ店内はそんなに騒がしくなく、まあまあ快適。酎ハイ一杯を約15分のペースで飲み、17時50分ぐらいに定量を飲み終えて店を出る。

18時50分ぐらいに帰宅。20時ぐらいからBS朝日でやっていた「新 鉄道・絶景の旅」を追っかけ再生しながら見る。JR九州の特急 かわせみの車両に心ひかれた。21時過ぎから「秘密のケンミンShow」を見る。

12月27日(金)

朝6時10分起床。水曜日の取材のまとめ。途中、机の二番目の引き出しを10分ぐらい片づけ。11時30分ぐらいからアマゾンプライムで映画「陽だまりの彼女」(2013年/三木孝浩監督、出演:松本潤、上野樹里、玉山鉄二)を見ながら40分間運動。せいぜい6~7年前の映画なのに松本潤、上野樹里がずいぶん今より若い感じ。昼食は株式会社自然芋そばの「越後伝統へぎそば」。

うっすらと緑色のそばはツルツルッとしている。おろしでいただく。午後は火曜日取材した原稿制作。途中、読んだブログ記事。

note(ノート)

12/26(木) 全てのかたがついた朝、ひとり目覚める。仕事には行けなかった。 きっとひとを殺すのは、無関心なのだ…

忘年会スルー問題。そんな職場辞めちゃえばいいじゃないか…と思うが、そういうわけにもいかないんだろう。しかし今どき忘年会への参加を半強制する部長と次長、完全に狂っているよな。一緒に酒を飲むと本音で語り合えるとか、職員同士の関係性が深まるとかは幻想。一緒に酒を飲んだからといってイヤなやつはイヤだし、気の合うヤツは酒を飲まなくても気が合うはず。忘年会・飲み会なんてやりたい人だけでやればいいんだよ。私は職場の飲み会は撤廃すべき派。百歩譲って業務時間内に酒抜きでやるかだな。16時ぐらいに家を出て酒場に向かう。連日の一人忘年会だ。快晴。ただ北風が強め。日暮里から乗った常磐線が仕事納めの人とか、買物帰りの子供連れ主婦などでいつも以上に混んでいた。酒場には16時50分ぐらいに入店。先客は男性一人客と男女二人組。キンミヤの酎ハイ。テレビではシブ5時。17時過ぎに男女二人組が帰って行った。その後、男性二人組、男性一人客が来店するもまあまあ静かで快適。17時50分ぐらいに定量の酎ハイ4杯を飲み終えたが、外が寒そうだから…という理由を勝手につけて熱燗1本を追加。体を温めて18時過ぎに店を出る。

19時過ぎに帰宅。昨日途中まで見た「新 鉄道・絶景の旅」とか「秘密のケンミンShow」の続きを見る。22時過ぎからNHKで井上陽水の番組。陽水、70歳を超えているのに声が出ていて、バリバリの現役。久々に「傘がない」を聞いたが、やはり凄い歌詞だなと。

12月28日(土)

朝6時15分起床。水曜日に取材した原稿制作。途中、タンスの戸棚の一部を片づけ。また、こんなエントリーを読んでNetflixに加入しようかと一瞬迷う。

真っ白な館

lfk.hatenablog.com 少し前に、これを読んだ。恥ずかしながら『テラスハウス』シリーズは未見だし、自分自身…

昼食は昨日いただいた新潟県・株式会社自然芋そばの「越後伝統へぎそば」と、 茨城県・繁野製麺株式会社の「房の麺そば」を半分ずつ。

めんつゆをおろしで割ったつゆでいただく。調味料は七味、わさび、ラー油の順番で味変。 午後も水曜取材の原稿制作の続き。14時40分ぐらいからアマゾンプライムで 映画「陽だまりの彼女」(2013年/三木孝浩監督、出演:松本潤、上野樹里、玉山鉄二)の続きを見ながら40分間運動。 映画は松潤と上野樹里の交際がうまく行き過ぎて、この先どんな不幸が待ち構えているのか心配になるほど。17時過ぎに家を出る。

「焼鳥やっちゃん」へ。最初の客だったようでカウンターの入口寄りの席に。キンミヤの酎ハイにつまみはキャベツ味噌、ねぎま、鳥皮、ホワイトボードのメニューからほうれん草と豆腐のサラダ。甘みがあるごまダレ。

有線放送のチューナー前の席だったので曲名がわかって楽しい。50~60代向けのチャンネルのようで、こんな曲(「15の夜」/尾崎豊)や…。

こんな曲(「J.BOY」/浜田省吾)がかかっていて、思わずサビを一緒に歌っちゃう。

店は18時ぐらいから次々とお客さんが来て、適度な賑やかさに。シメに手羽先をいただき19時前に店を出て帰宅。録画していた「マジ歌選手権 年末拡大SP」を見る。ただうつら、うつらしていてところどころ見逃したので、明日もう一度見ることにする。ただ、劇団ひとりの仮面の完成度が低かったのは、肖像権とか著作権に配慮してのことか。

<次回はこちら>

ノツログ

<前回はこちら> 目次 1 2019年12月29日(日)2 2019年12月30日(月)3 2019年12月31日(火)…

最新情報をチェックしよう!