居酒屋・立食そば店・日本映画などをレビューしています。

【週間日記(前半)】2019年12月29日(日)~2020年1月1日(水)

<前回はこちら>

ノツログ

<前半はこちら> 目次 1 12月26日(木)2 12月27日(金)3 12月28日(土) 12月26日(木) 朝6時5…

2019年12月29日(日)

朝5時20分起床。今年何本映画を見たのか調べるために、ブログの日記を1月から読み返す。今年も色々あったんだな。ただ、一年分振り返るのは面倒なので見た映画は1ヶ月ごとにまとめておくことにする。朝食は豚キムチ炒めなど。

その後、日記読み返しの続き。結局、2019年は80本強見た模様。結構な数だ。7月ぐらいから映画を見ながら運動することが増えたせいでもある。その後、先週火曜日に取材したマイナビの原稿制作の続き。昼食は株式会社しなの麺工房の「信州 更科そば」。

生そばでしっとりとしていて、もちっとした弾力がある。

ノツログ

株式会社しなの麺工房の「信州 更科そば」は、生そばタイプの袋麺。つゆ付きです。 目次 1 まずは見た目など。2 早速つく…

午後もマイナビ原稿制作の続き。15時10分ぐらいからアマゾンプライムで映画「陽だまりの彼女」(2013年/三木孝浩監督、出演:松本潤、上野樹里、玉山鉄二)を見ながら40分間運動。映画は昨日見始めた当初からうすうすはそうではないかと思っていたが、まさかの事実が発覚。そしてラストへとストーリーは進んで行く。ただのアイドル映画だと思っていたが、不覚にもラスト20分ぐらいはウルウルしっぱなしだった。現実的にはありえない設定でも、見るものを引き込んじゃえば感動は生まれる。その後、しばらくブログ作業をして、17時30分ぐらいから夕食。豚肉とたまねぎなどを炒めたもの。

松江から送ってもらった津田かぶ。噛むとかぶの旨味がジュワッと口の中に広がる。

18時過ぎからNHKで大相撲今年の一年的な番組を見る。貴景勝と朝乃山が横綱になれば面白い。そのままNHKを見続けて紅白特番的な番組。ああ、今年もあとわずかだな。

2019年12月30日(月)

朝6時50分起床。ブログ作業。片づけ。先週水曜日に取材したdoda原稿制作の続きなど。昼食は日本アクセス「miwabi 信州そば」。

そばつゆを大根おろしで割ったものでいただく。適度なコシがあり、しっかりとしたそばの風味。午後もdoda原稿制作続きや片づけ。14時過ぎからアマゾンプライムで映画「世界は今日から君のもの」(2017年/尾崎将也監督、出演:門脇麦、三浦貴大、マキタスポーツ)を見ながら40分間運動。映画は門脇麦が実にうまい。16時少し前に家を出て酒場へ。地下鉄で巣鴨、JRに乗り換えて酒場の最寄駅まで。地下鉄と山手線はそれほど混んでいなかったが、日暮里からの常磐線は激混み。多くの人たちが年末年始休暇に入ったこの時期、酒場は果たして混んでいるのだろうか?混んでいたらイヤだななどと考えながら歩いて向かう。16時50分ぐらいに入店すると先客は一人客が5名、男女二人組が一組で7名。結構な混み具合。ただそのうち4名は顔見知りの方なので何か気が楽。空いていた入口近くのカウンター席へ。10分後ぐらいに先客の一人が帰ったため、カウンター中央の席に移動。テレビでは大河ドラマ「いだてん」の総集編的な番組。ボリュームがそんなに大きくないので、展開はよくわからないが阿部サダヲがしゃべりまくっている印象。その後、先客が帰ったり、新たにお客さんが来たりしたが、まあまあ快適。18時少し前に定量を飲み終えて、知った顔の数名に会釈して店を出る。

19時ぐらいに帰宅。テレ東でやっていた「世界!職人ワゴン~ニッポンの技で世界を修理!スペイン&ポルトガルへ!~」、続けて「たけしの新・世界七不思議 史上初!古代エジプト新発見の「棺」開けますSP」をリアルタイムで見る。

2019年12月31日(火)

朝6時20分起床。朝食時に録画していた「クイズ正解は一年後」を見る。毎年、楽しみにしているが、今年は色々なことがあり1月に録画したVTRが流せないらしい。まあ、それはそれで面白かった。その後、ブログ作業など。昼食は信州ほしの株式会社の「信州田舎そば 小諸七兵衛」。

「マツコの知らない世界」でDEENのボーカルの方が紹介し、一時スーパーで品薄になったという逸話を持つ商品。なるほど、生そばっぽい食感。

ノツログ

信州ほしの株式会社の「信州田舎そば 小諸七兵衛」は、独自の製法で生そばのような食感を実現した乾麺タイプのそばです。 目次…

13時過ぎからアマゾンプライムで「世界は今日から君のもの」(2017年/尾崎将也監督、出演:門脇麦、三浦貴大、マキタスポーツ)の続きを見ながら40分間運動。映画は何が言いたかったのか。どんな人も自分らしく生きればいいんだよということか?そんな単純なことじゃないか?14時過ぎに家を出て酒場へ。快晴だが風が強い。地下鉄が激混み。みんなどこに行くのだろう。14時50分過ぎに酒場前に到着したが、まだシャッターが閉まっていので近くをウロウロして時間をつぶす。

15時過ぎに開店と同時に入店。すぐ後にいつもスーツ姿で来る方が私服姿で来店。テレビではサラメシの再放送をやっていた。風が強く入口のガラス戸がガタガタ鳴っていて、何度かお客さんが入って来たのかと勘違いした。大晦日は毎年混むので開店と同時に入店したのだが、今年は定休日の火曜日だからなのかその後一人来店しただけ。まあ、人が少ない方が静かで快適だからいんだけどね。定量を飲み終えて16時過ぎに大将に「よいお年を」と言って店を出る。

17時ぐらいに帰宅。年越しそばは「あごだし出雲そば」。

ノツログ

株式会社みやげ山海の「あごだし 出雲そば」は、あごだしを使ったつゆ付きの生そばです。 目次 1 まずは見た目など。2 早…

19時15分から紅白歌合戦。今年はSuperfly(ジミー・スヌーカではなく越智志帆)とミーシャが圧倒的に良かった。AIひばりのCGは技術的にはもっと本人に近づけることができるが、わざとCGっぽさを出して不気味の谷を感じるようにしていると思う。ジャニーズカウントダウンコンサートを見ながら年越し。

2020年1月1日(水)

朝8時起床。朝食は昨日年越しそばとしていただいた「あごだし出雲そば」。

その後、ブログ作業。途中、読んでなるほど…と思ったブログ記事。日米の職場での年齢に関する考え方の違いについて書かれたもの。

メソッド屋のブログ

米国に移住して一年が経過した。正直なところ日本のほうがいいところはめっちゃある。特に生活面は、日本はホンマに素晴らしいと…

年齢を気にせず実力主義で仕事ができる環境は快適だろう。あまり腹が減らなかったので昼食は抜いた。その代わりというか、録画していた「孤独のグルメ2019大晦日スペシャル」を見る。五郎が釜山に日帰りで行かなければならなくなる設定にやや無理矢理感を感じたものの、釜山の海鮮鍋には心ひかれた。14時20分ぐらいからアマゾンプライムで映画「ノラ」(2012年/大庭功睦監督、出演:染谷将太、三原康可、外間勝)を見ながら40分間運動。映画は染谷将太の演技について「難しい役どころを、時に繊細に、ときにダイナミックに演じ切り、類い希な彼の才能を余すところ無く作品に刻み込んでいる」という紹介文にひかれて見始めた。ただ40分ほど見たが、これ以上見るのはやめようか迷っている。16時ぐらいから録画していた「絶対に笑ってはいけない 青春ハイスクール24時」を見始める。17時過ぎから夕食。今回の「笑ってはいけない」は、夜の肝試し的なコーナーとか、ショッカーみたいなのが追いかけて罰ゲームをやらせるやつとか、芸人暴露大会的なコーナーといった、無駄でつまならいコーナーがなくて良かった。あと川島省吾さんはさすが。21時ぐらいから録画していた「ヒロシの迷宮グルメ」トルコ、香港、ハノイ編を見る。

<後半はこちら>

最新情報をチェックしよう!